≪超便利!≫激安のヒップシートの感想をレビュー!セカンド抱っこ紐としても◎

Pocket

皆さんはヒップシートをご存じでしょうか?

私も以前から気になってはいましたが、抱っこ紐と同じくらいの値段がするので購入に踏み切れませんでした。
そこで見つけたのがAmazonのFUPUTWOというヒップシートです。
他の商品と比べると半分以下の値段なので不安はありましたが、実際に使ってみると大満足の商品でした。
そこで今回はFUPUTWOの特徴や、効果的な使い方や選ぶ際のポイントなどをご紹介して行きます!

スポンサーリンク

ヒップシートとは

ヒップシートとは、ウエストポーチのポーチの部分に赤ちゃんが座れる様になっている物です。
抱っこ紐と同じく赤ちゃんの抱っこを補助する物ですが、作りや使い方は抱っこ紐とは全く異なります。

メリット

一番大きなポイントは

「抱っこ紐より装着が楽」

という事です。

 

赤ちゃんは歩ける様になると、抱っこやベビーカーに乗っていても自分の足で歩きたがる様になります。


ですが少し歩けばすぐに疲れてしまったり愚図ったり、そうかと思えばまたすぐに歩きたがったり、、

という事が起こります。

 

その度に抱っこ紐を装着するのは大変ですが、抱っこ紐無しで抱っこするのも大変です。

 

\そんな時に役に立つのがヒップシートです/

 

ヒップシートは自分の腰にウエストベルトを装着してしまえば、後は赤ちゃんを台座に乗せるだけです。バックルを何個も付けたりベルトを調整したりする手間が無いので、気軽に赤ちゃんを降ろしたり抱っこしたりする事が出来ます。

 

また、個人的には抱っこ紐より赤ちゃんの体重が軽く感じます。
抱っこ紐だと赤ちゃんの全体重がかかってきますが、ヒップシートは赤ちゃんが自らしがみついてきてくれるので重さが軽減されます。

夫は抱っこ紐の方が軽く感じると言っていたので個人差があります。

デメリット

ヒップシートは台座の上に赤ちゃんが座っているだけなので、必ず手で赤ちゃんの背中を押さえておかなくてはなりません。

また、抱っこ紐の様に小さく畳む事は出来ないので、持ち運びや収納には少し場所を取ります。

実際に購入した商品

赤ちゃんショップなどに売っている有名メーカーの物は6,000円から1万円程度が相場ですが、私が購入したのはこちらです。


FUPUTWO ウエストキャリー 抱っこひも 赤ちゃん ベビーキャリア ヒップシート ポーチ 軽量 (ネイビー)

こちらは送料無料で1,980円なので、相場の3分の1以下の価格です。

 

「ヒップシートに興味はあるけど1万円も出して使わなかったら嫌だな・・・。」という気持ちだったので、買い替えたり使わなくなる可能性も考慮して価格を重視したこちらを購入しました。

 

FUPUTWO の特徴は

  • 座面が大きい

横幅は一番付け根の部分が22cmで、縦は16cmとヒップシートの中でもかなり大きい方です。

装着している画像からしても大きく見えたので、凄く目立つしもう少し小さい方が良いな思っていましたが、実際に使ってみると大きくて良かったです。

座面が大きい方が赤ちゃんが安定し、その結果抱っこする人が疲れにくくなります。
座面が小さいと、お尻がはみ出たり、赤ちゃんが動く度に抱っこしなおさなければならなくて大変です。

point
夫はお腹がかなり出ているのですが、座った状態の赤ちゃんに丁度お腹が当たってしまい、赤ちゃんが座れる部分が狭くなり、すぐにずり落ちそうになってしまうと言っていました。

標準体型の方はまず心配いりません。

 

  • 肩紐がついている

他の商品は肩紐がついていなかったり、別売りだったりするのですがFUPUTWOは初めから肩紐が付属されています。


初めは必要ないかと思っていたのですが、絶対に合った方が良いです。
腰のみで赤ちゃんの体重を支えるのと、肩と腰の両方で支えるのでは負担が全然違いました。
そして、腰だけの場合赤ちゃんの重みでだんだんウエストベルトが下がってきてしまうのですが、肩ベルトがある事によりそれも防ぐ事が出来ます。

 

  • ウエストベルトのこだわり

ウエストベルトが太めで、マジックテープとバックルの二重固定になっているので、ずれたり下がったりしずらくなっています。また、メッシュ素材なので通気性が良く夏場でも安心して使えます。(夏場の抱っこ紐は暑いですよね。)

 

 

楽天に類似品がありましたが値段が1,000円程高く、ロゴが付いている様です。
基本的な設計は同じだと思います。


抱っこひも おんぶ紐 ベビーキャリア 赤ちゃん用 肩ストラップ付 軽量 ウエストキャリー 腰負担軽減

付け方のポイント

全てのヒップシートに共通する事だと思うのですが、付ける位置に寄って抱っこをする人への負担が大きく異なります。

ウエスト部分に付けがちですが、付ける場所はみぞおちの辺りです。
高すぎかな?というくらいの位置に装着して赤ちゃんを乗っけると、とても楽なので是非覚えておいて下さい。

ウエスト辺りに付けると、腰から下に全体重がかかり安定感も無く、数分でしんどくなってしまいました。

効果的に使うには、ウエストベルトを胸の下のみぞおち辺りに着けて下さい

使ってみて分かった事

ヒップシートは想像以上に便利な物でした。
そして、最安値に近いFUPUTWO を購入しましたが大満足です。
店頭ではPOLBANとDaG3という商品を試してみたのですが、(どちらも1万弱です。)個人的にはそちらよりもベルトや座面の安定感があり使いやすかったです。
ただし、その分見た目はかなり大きいのでスタイリッシュさやオシャレさを求めるならもう少し小さい方が良いかもしれません。

 

そして、ヒップシートを使えるのは限られた時です。
片手が塞がってしまうので荷物を持つ事が出来ません。お財布やスマホを使いたい時にも一度赤ちゃんを降ろすか、片手で荷物をさぐったりしなくてはなりません。
抱っこ紐は両手が空くのでベビーカーとダブルで使う事が出来ますが、ヒップシートの場合はこれも出来ません。

 

よってヒップシートを使える時は

  • 2人以上で出かけて荷物やベビーカーを持ってくれる人がいる時
  • ショルダーバッグ程度の荷物しか持たなくて良い時
  • お散歩や近所の公園への道中や歩く練習の時

などだと思います。

 

私はディズニーランドに連れて行く時にどうしても使用したくて購入したのですが、前向きに乗せる事も出来るので、非常に便利でした。
動物園や水族館、テーマパークの時にはとても役立つと思います。

選ぶ際のポイント

実際に使ってみての選ぶ際のポイントは

  • 座面の大きさは大きめが良い
  • ウエストベルトの太さと強度は重要
  • 肩紐はあった方が良い
  • 台座下が収納スペースになっている物もあるが特に必要ない

個人的な意見ですが、上記の点をチェックして購入すると良いと思います。

まとめ

ヒップシートは欲しいけど有名メーカーの物は高いなと思っている方や、試しに使ってみたいなという方には2,000円という金額はお手軽に感じると思います。
私は正直、期待値はそれ程高く無かったのですが、実際に使って見るとコスパはもちろんの事、有名メーカーの物より装着感や機能性が気に入ったので本当に大満足です!

ヒップシートの購入を考えている方の参考になると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

 
 
~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です