\1歳児と絵本/効果や読み聞かせのコツ、選び方、お勧め絵本をご紹介!

Pocket

絵本は教育に良いイメージですが、まだ言葉があまり分からない一歳児にはどの様な教育効果があるのでしょうか?
また、赤ちゃんが興味を持つ読み方のコツや絵本の選び方、1歳児にお勧めの絵本などをご紹介して行きます。

1歳頃の赤ちゃんと絵本について参考になると嬉しいです!

スポンサーリンク

絵本の効果

まだ内容が理解出来ない子にも、絵本は様々な教育効果をもたらします。

  • 親子のコミュニケーション

絵本の読み聞かせ中は、親子で共通の物を見ている時間です。
一緒に同じ事をするという行為は、親子や人間関係にとって非常に大切なコミュニケーションです。

また、読み聞かせは抱っこや添い寝など子どもと近い距離で行います。
顔や体を寄せ合い色々な表情を見せ合うのは、親子にとって最高のスキンシップとなるでしょう。

 

  • 想像力が豊かになる

子どもの絵本は、単語や擬音とシンプルな絵で出来ています。
聞こえてきた音(言葉)と絵を見て、子どもの脳内に広がる物語は無限です。
様々な物語を頭の中で想像し、その繰り返しが子どもの想像力を豊かにして行きます。

 

  • 言葉の勉強になる

幼児期は一生の中で最も記憶力が高い時期だと言われています。
その為、この時期にたくさんの言葉に触れる事が、今後の言語能力に大きく関わって行きます。
絵本には日常生活では使わない言葉や言い回しも出てくるので、たくさんの言葉を知る事が出来ます。

様々な言葉を知っていると、自分の気持ちを伝えたり物事の説明が上手く出来るので、人とのコミュニケーションにも役立ちます。

 

  • 本や勉強が好きになる

小さい頃から本に慣れ親しんでいると、本に対しての抵抗がなくなります。
学校で使う教科書も本の一つなので、本を読む感覚で教科書を読む事が出来ます。

 

  • 感受性が豊かになる

絵本の物語には「嬉しい」「楽しい」「悲しい」「怖い」などたくさんの感情が出てきます。
絵本の中で起こる、様々な出来事や登場人物の気持ちを頭の中で疑似体験する事で、色々な立場の人の気持ちを考える事が出来る様になります。

そして、物語を通じて物事の善悪が分かるようになるので、社会性や良心を育てるのにも効果的です。

1歳児が喜ぶ絵本の選び方

  • リズミカルな言葉や発音が楽しい物

1歳頃の子どもは自分の口から言葉を発したり、大人が反応してくれるのが楽しい時期です。
発音しやすい擬音や簡単な単語が多く使われている物を選びましょう。

特に「ブーブー」や「ワンワン」など繰り返しの言葉は赤ちゃんに好まれ、発音もしやすいので、そういった言葉が使われている物がお勧めです。

 

  • 生活習慣に関するもの

1歳頃の子はなんでも真似をしたがります。
食事の時に手を合わせて「いただきます」と言う、食事をしたら歯磨きをするなどの生活習慣を題材にした絵本を読んであげると、真似をする様になるかもしれません。

 

  • 子どもの好きなジャンルの物

「動物が好き」「電車が好き」など、興味を持つ物が徐々にはっきりとしてきます。
絵本に興味を持たない子には、好きなジャンルの物を読んであげましょう。

 

  • 絵が大きく、文字が少ない物

子どもは文字よりも絵に目が行くので、カラフルでくっきりとした絵が描かれている物を選びましょう。
文章は1ページに1~2語書かれているくらいで十分です。

 

  • しかけがあるもの

触り心地が違う部分がある、一部分がくり抜かれている、紐やボタンが出ているなどほんの少しのしかけがあると、赤ちゃんの興味を惹く事ができます。

 

  • コミュニケーションがとりやすい物

指を差して「これは○○だよ」「これは何かな?」など会話がしやすい内容の物を選ぶと、読み聞かせの時間がより楽しい物にもなります。
子どもと遊ぶのが苦手な方でも、話題があると上手にコミュニケーションを取る事が出来るのでお勧めです。

読み聞かせのコツ

初めのうちは少し恥ずかしかったり、反応が無いと不安になったりしてしまいますが、徐々に慣れて行くと自分なりの読み方が見つかるので、まずは以下のポイントを試してみて下さい。

 

  • ゆっくり読む

基本的な事ですが、自分が思っている以上にゆっくり読んであげましょう。
特に幼児向けの絵本は文字数も少ないので、一文字一文字を聞かせる気持ちで読みましょう。

 

  • すぐにページをめくらない

子どもに読み聞かせをする時は、読み終えた後3つ数えてからページをめくりましょう。

絵本や物語を聞いたり見たりした時に、何かを心に感じる事を感性と言いますが、子どもは大人の数百倍感性が豊かだと言われています。

1ページを読み終えた後、赤ちゃんは今聞いたお母さんの声や絵を思い返し何かを感じています。その時間が感性を育てているので、すぐに次のページに行くのではなく、ゆっくり3つ数えてから次に進みましょう。

 

  • 大きい声を出す必要は無い

集団の読み聞かせではないので、大きな声を出す必要はありません。
語り掛ける様な声のトーンで読んであげましょう。

 

  • 子どもの反応を見る

黙って見ている様に見えても、小さな表情の変化があるかもしれません。
何かのワードの時に目を見開いたり、大きく瞬きをしているなどの変化があったら、赤ちゃんに話しかけ、反応に気が付いているという事を示しましょう。

お勧めの本

【まんまる まる】

アメリカの有名おもちゃメーカーSassyから出ている絵本です。
Sassyと言えばカラフルな色使いですが、こちらの絵本もとてもカラフルで赤ちゃんの目を引きます。

ニコニコの顔やコントラストの強い模様など、赤ちゃんの大好きな物がつまった一冊なので初めての絵本にぴったりです。

 

【じゃあじゃあ びりびり】

児童館や病院の待合室など、多くの絵本コーナーにある有名な絵本です。
「じどうしゃ ぶーぶー」など、物の名前とそれに合わせた擬音が描かれているシンプルな内容なのですが、声をあげて喜ぶ赤ちゃんが続出している為、「魔法の絵本」とも呼ばれています。
本自体が厚紙で丈夫なので、赤ちゃんが食べてしまっても壊れにくいです。

 

【どうぶついろいろかくれんぼ】

左のページは動物の顔、右のページは動物の輪郭がくり抜かれています。
ページをめくると一つの動物が完成するので「次は何の動物が出てくるのかな?」と子どもの好奇心をくすぐります。
出てきた動物の鳴き声や特徴も描かれているので、動物の勉強にもなります。
他にも果物や乗り物シリーズがあります。

 

【ぽんちんぱん】

食パンの写真で出来ているとてもユニークな写真絵本です。
あんぱんやロールパンなどの写真も出てくるので、パン好きな子は喜ぶ事間違いなしの一冊です。
文章は「ぱぴぷぺぽ」を使ったリズミカルな言葉のみですが、なんだかゴロがよくて大人も楽しくなってしまいます。
おしゃべりが上手になってきたら、真似っ子して遊ぶのも楽しいですね。

 

【はみがきあそび】

ページをめくる事で、動物達が歯磨きをしている様子になる仕掛け絵本です。
犬や猫や人が、大きな口を開けて楽しそうに歯磨きをする姿を見れば、歯磨き嫌いな子も真似っこし始めるかもしれません。
お出かけ版と通常版がありますが、お出かけ版は少しコンパクトなので持ち運びに便利です。

 

【もいもい】

東京大学の研究により作られた、ネットやテレビで話題の絵本です。
「もいもい」という言葉を聞いて赤ちゃんがどの様な絵を思い浮かべるのかを研究した結果、あるイラストで視線が釘付けになる事が分かったそうです。
そこで、そのイラストを元に作られたのがこちらの絵本です
実際に大泣きしていても泣き止んだり、大笑いする子がいるそうです。

内容は、ある絵柄が様々な色や大きさで描かれていて、それに合わせて「もい」という言葉が描かれているという不思議な絵本です。
自分の子がどんな反応をするのか見てみたくなりますね。

 

【あかちゃんご たどりえほん】

擬音と共に線が描かれているのですが、その線は特殊加工されているので触れるとザラザラしています。
擬音に合わせて線をなぞると赤ちゃんの集中力や認識力、思考力、創造力などが発達するそうです。
描かれている擬音は赤ちゃんが言いやすい言葉ランキングから選ばれているので、繰り返し読んでいると言葉を発しやすくなるかもしれません。
「あかちゃんがしゃべりだす」「頭のいい子を育てる」というキャッチフレーズがとても気を引く一冊です。

 

【だるまさんが】

優しい顔のだるまさんが、ページをめくる度に様々な表情を見せてくれます。
子ども達は、次はだるまさんがどうなるのかな?と興味を持ちます。
大人も一緒に思わずクスっとなってしまう様な可愛い絵本です。
また「だるまさんが」という言葉は大人も親しみがあるので、間の取り方も分かりやすく、読み聞かせが苦手な方でも上手に読む事が出来ます。

まとめ

小さい頃に繰り返し読んでもらったお気に入りの本は、大人になっても覚えている物です。
そして、読み聞かせの時間はぴったり寄り添う事が出来るのでとても幸せですよね。

本はいくつになっても人間に色々な事を教えてくれます。
小さい頃から読書の習慣を身に着けて、読書好きな子どもを目指しましょう!

絵本選びの参考になると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

 ~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です