≪水天宮で戌の日の安産祈願≫服装や初穂料もこれさえ見ておけば大丈夫!

Pocket

妊娠をしている方の多くは安産祈願へ行かれるかと思います。
でわ一体いつ、どこへ、誰と行って、いくら程納めればいいのか」初めての方はまるで分からないと思います。
家庭や地域によっての習慣などもあるかと思いますが、ここでは一般的な事をご紹介していきます!
これから戌の日のお参りに行かれる方は、このページさえ読んでおけば大丈夫なのでご安心下さいね♪

 

※私は関東在住なので日本橋の水天宮へ行って参りました!

スポンサーリンク


戌(いぬ)の日とは

『戌の日の安産祈願』のとは、十二支にでてくる戌の事です。
犬はお産が軽く、一度にたくさんの仔犬を出産します

その犬の力にあやかり、暦の上での「戌の日」に腹帯を巻き、安産と母子の健康を祈願する儀式のことを言います。

戌の日っていつなの?仏滅でも大丈夫?

暦には十二支がそれぞれ当てられているので、戌の日は12日に1度回ってきます。
妊娠五か月を過ぎた最初の戌の日に安産祈願をしてもらうのが一般的です。

日本には暦注の一つに六曜(大安や仏滅など)がありますが、安産祈願には関係が無いので気にしなくて良いそうです。
ですが、家庭によっては六曜を重んじている場合や、縁起の良い大安に御祈願したいと言う方も多いので、大安の戌の日はどこの神社も普段より混雑する事を覚悟しておきましょう。

また、お参りした際にすべての凶日が清められて非常に縁起のよい「大吉の日」になるので、例えば仏滅だとしても何も問題はありません。

 

【今後一年の犬の日と六曜】

2018年9月 15日(土):先勝 27日(木):先勝  
2018年10月 9日(火):先負 21日(日):先負  
2018年11月 2日(金):先負 14日(水):仏滅 26日(月):仏滅
2018年12月 8日(土):赤口 20日(木):赤口
2019年1月 1日(火)赤口 13日(日)先勝 25日(金)先勝
2019年2月 6日(水)友引 18日(月)友引
2019年3月 2日(土)友引 14日(木)先負 26日(火)先負
2019年4月 7日(日)大安 19日(金)大安
2019年5月 1日(水)大安 13日(月)赤口 25日(土)赤口
2019年6月 6日(木)友引 18日(火)友引 30日(日)友引
2019年7月 |12日(金)先負 24日(水)先負
2019年8月 5日(月)大安 17日(土)大安 29日(木)大安

 

このように戌の日は月に2度~3度しかありません。

安定期に入り流産などのリスクも低くなる事や、多くの人がつわりが治まるので妊娠5ヶ月以降に行われるのが一般的になっていますが、別の日に行っても全く問題はありません。
体調や気分の良い日にお参りに行きましょう!

 

御祈願に行く時の服装は?

服装の決まりは特にありませんので平服で大丈夫です。
しかし神様に御祈願をするにあたり、あまり派手な服装や露出の多い服装は控えましょう。
ダメージ加工のジーパン半ズボンやショートパンツジャージサンダルハイヒール・・・のような物を避けて、常識的な服装でしたら問題ありません。

長時間並んだり御祈願の際に座ったりするので、マタニティ用のワンピースなどお腹を締め付けないものがお勧めです。
男性は、ポロシャツなど襟のある物に綿などのパンツが無難でしょう。
また、本殿に移動する際に靴を脱ぐ機会があるかもしれないので、絶対に裸足は控えましょう

いくら納めれば良いの?

神社で御祈祷してもらう際に、神様に奉納するお金を初穂料(はつほりょう)と言います。
これは、古来からお参りの際にその年に初めて取れた豊作物の意味の「初穂」を奉納していたという分化の名残ですが、現在では豊作物ではなく金銭を奉納する事になりました。
また、神社ではなくお寺でご祈祷してもらう場合は初穂料とは言わず「御祈祷料(ごきとうりょう)」「御布施(おふせ)」と言うので気を付けましょう。

そして、神社やお寺に納める金額ですが、5000円~10,000円が相場です。
安産祈願は他の願意のご祈祷より高めな事が多いです。
神社に寄って金額が定められている場合もありますが、定められていない場合は5000円から10,000円の範囲の額を気持ちで納めれば良いでしょう。

※金額によってご利益が違うという事はありません。
ですが、納める額によって受け取る御札の大きさや授与品が違う神社もあるので、ご注意下さい。

誰と行けばいいの?初穂料は誰が支払うの?

戌の日の安産祈願は誰と行っても良いですし、一人で行っても大丈夫です。

戌の日のお参りは母子の安全をお参りする物ですので、妊婦さんと赤ちゃんが居ればしっかりお参りしてもらえます。
そもそも昇殿出来るのは妊婦のみと言う場合もあるので、本人以外の人はあくまで付き添いの人ですので誰でも大丈夫です。

また、妊婦さん本人がどうしてもいけない際は、代理の方でも御祈願してもらえる場合もあるので(水天宮は代理人でも可です)、行く予定の神社やお寺に確認しておきましょう。

神社やお寺に奉納する金銭ですが誰が支払うかの決まりはありません。
義両親なのか実両親なのか、自分たちなのかそれぞれの家庭の考えで決めましょう。
一番多いのは赤ちゃんの両親が支払うというケースなようです。

のし袋は必要?書き方は?

一般的に初穂料はのし袋に包んでお納めします。
御祈願のときに預かった初穂料を祭壇に納める事もあるので、袋を用意しておいた方が安心です。
ですが混雑する大きな神社やお寺、また祈祷料が決まっている神社などでは受付で金額の確認をするので、そのままお財布から出しても大丈夫な場合もあります

※分からない場合は念の為にのし袋に包み、封はしないで持って行き、のし袋が必要そうであれば受付の際に封をするのが良いと思います。

 

~のし袋の書き方~
安産祈願の際ののし袋は紅白の蝶結びの水引がついているものを使用します。

水引の上部に縦書きで「初穂料」(または御初穂料、御祈祷料、御布施料※こちらを参照)と書きます。
水引の下部には夫婦の名前を書きまょう。

 

そして中袋の表には納める金額を大字で書きます。

【大字とは】
零、壱、弐、参、肆、伍、陸、漆、捌、
玖(左から0→9)
拾(十)、阡(千)、仟(千)、萬(万)と表記される文字

 

そして裏面には住所と夫婦の氏名を記入します。

出来ればボールペンは避け、筆ペンなどで丁寧に書きましょう。

※この時包むお金は、お祝い事ではないので新札にこだわる必要はありません

水天宮の場合

【待ち時間】
私は、日曜日の戌の日という一番混むであろう日に行きました。
受付時間が午前8時からでしたので、8:00過ぎ頃に神社の前についたのですが既に長蛇の列で、私は車で行きましたが列は水天宮の駅の方まで繋がっていました

受付にたどり着くまで約2時間程待ちました。

また水天宮の境内の地下が駐車場になっていますが、割引等はありません。
近隣駐車場もいくつかありますが、都内なので1時間500~600円程の所が多いです。

近場の駐車場は既に満車だった為、少し離れた所に止める事になりました。
もう少し遅ければどこも止められなかったと思います。

 

【受付からの流れ】
受付につくと妊婦以外の付き添いは、一つ上の階の待合ホールのようなところへ行誘導されます。
(※戌の日以外は、付き添いの方も昇殿出来る事もあるそうです。)

授与品などを頂くので荷物は預かってもらっても良いと思いますが、別行動になるので携帯電話は必ず手に持っておきましょう
大変な混雑なので、連絡を取り合わないと落ち合うのが大変です。

そして、妊婦は受付で初穂料をお渡しし、そのまま奥の待合室で本殿へあがるまで待機します。

30人くらいで一斉に御祈祷して頂きます。
一人一人の名前を呼ぶので人数が多ければ多い程時間はかかりますが、大混雑の日のに行った私の時で20分弱くらいだったかと思います。

そのまま流れで上の待合室に行けるようになっているので、ご家族の方と合流できます。

 

【初穂料とのし袋】
水天宮では初穂料の金額が決まっているので、のし袋に入れずにお会計の時のようにお財布から現金をお渡しします。

HPにものし袋は不要と書いてあります。

金額は初穂料8,000円、小布一式4,000円です。
ネットで下調べしていた際には初穂料が5,000円で小布が3,000円との事だったので驚きましたが、2018年現在は上記の値段に値上がりしています。

 

【服装や家族層】
冬場だったのですが、服装は皆さんカジュアルでした。
ダウンコートやムートンブーツの方が多くみられました。
水天宮は昇殿の際に靴を脱がないので、冬場はブーツなどで行っても大丈夫です。

また家族層はさまざまで、夫婦2人の方やお子様連れ、ご両親ご一行の方もいらっしゃいました。

まとめ

 

戌の日の安産祈願についてお分かり頂けたでしょうか?
初詣くらいしか神社に行く機会はないという方が多いと思いますが、これからお宮参りや七五三など、お参りに行く機会を増えていくと思います。

母として、親として作法や奉納の仕方などしっかり覚えていきたいものですね!

少しでもこれから戌の日のお参りをされる方のお役に立てますように。
ここまで読んで下さってありがとうございました!
 
~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です