「離乳食の始め方が全く分からない!!」そんな方への完全マニュアル

Pocket

3時間ごとの授乳期間を経て、授乳の感覚も少しずつ開きだした生後5~6ヶ月頃。
次に始まるのは離乳食です!!

離乳食と聞くと「面倒、大変、時間がかかる」などのイメージですが、今は様々な時短グッズが出回っていて、効率的に離乳食作りが出来るようになっています。

れから離乳食を始めるけどまだ何も用意していないし、何から始めればいいのか全く分からない!!」という方の為に、この記事を作成しました。
必要最低限準備するもの、食べさせる物や量や時間について詳しく説明しています。
これから離乳食デビューする方のお役に立てると嬉しいです!

スポンサーリンク


初期の離乳食

離乳食の必要性と期間

離乳食は「時期が来たら始めるもの」という感覚がありますが、必要な理由がきちんとあります。

・成長に伴い母乳やミルクでは足りなくなっていく栄養を補う
・消化機能の成長を促す
・大人と同じ食事習慣の基礎を作る
・「飲む」から「食べる」事が出来るようになる為の噛んで食べる練習

などです。

また日本では繊維質の食べ物や生ものを食す事も多いので、消化機能が未発達な赤ちゃんには火を通し繊維質を少なくした離乳食が必要となっています。
そして徐々に母乳の分泌量も減っていくので、それと同時に離乳食を進めて行かなくてはなりません。

離乳食を開始する時期

一昔前は生後2ヶ月頃から果汁や白湯を飲ませていましたが、ミルクや母乳の摂取の妨げになるという事から、今は離乳食を始めるまではミルクや母乳のみを与えるという考えが推奨されています。

厚労省の指針で生後5~6ヶ月で離乳食を始めるように言われているので、そのくらいの時期に始める子が多いです。
しかし、赤ちゃんによって食欲や興味の持ち方も違いますので生後5~6ヶ月を目安に、下記のチェックポイントが当てはまるようになってから開始しましょう。

 

  • 首が座っている

離乳食初期は「ごっくん期」と言って、まずはミルク以外のものをごっくんと飲み込む練習をする時期です。
離乳食はミルクよりも飲み込む力が必要です。
その為、首が座っていないとしっかり飲み込む事が出来ずに詰まらせてしまう原因になります。

まずは首が座っている事を確認しましょう。

  • お座りが出来る
背もたれに寄り掛かる状態でも良いので、お座りが出来る事も確認しましょう。
正しく飲み込み、きちんと消化するには上体を起こした姿勢が大切です。
また、これから大人になるに向けて正しい姿勢で食事をとるという習慣付けにもなります。

椅子はバンボ、ハイローチェア、ハイチェア等の赤ちゃん用の物がお勧めです。

  • よだれが増えてきた
うつ伏せなどで顔を上げている時間が増えてくるとよだれの量が増えてきます。
食べ物を飲み込むには唾液が必要ですので、よだれが十分に出ているか確認しましょう。

  • 大人の食事に興味を持っている
食事の様子をじっと見ていたり、唾をごっくんと飲み込んでいる場合は食べ物に興味を持っているという合図です。

  • 生活リズムが付いてきた
これから更に生活リズムを付けていく為、離乳食はある程度決まった時間にあげます。
ある程度授乳のリズムが付いて来たら、アレルギー反応などが出た場合すぐに病院に連れていけるように午前中の授乳タイムを離乳食に置き換えましょう。

point体調や機嫌によって多少のずれは問題ありません。
この時期の栄養は母乳やミルクから取っているので、離乳食を食べられなくても成長に問題は無いので、無理せずに楽しく離乳食の時間を過ごせるようにしましょう。

離乳食初期の進め方

基本の進め方

  • 一日一回、授乳タイムを離乳食に置き換える
  • 時間は午前中かお昼まで(※かかりつけ医院の診療時間内)
  • 離乳食後は欲しがるだけミルクやおっぱいをあげる
  • 初めてあげる食材は、小さじ1を2、3日続けてあげる
  • ヨーグルト又はポタージュくらいの柔らかさに調整する事
  • 味付けはしない
  • 食材は新鮮な物を使用し、皮は厚めに剥く
  • 食材は冷まし過ぎず、熱すぎない人肌程度に調整する

 

一週目~始めてのおかゆ~
1日目 / 十倍粥 小さじ1 🍚
2日目 / 十倍粥 小さじ1 🍚
3日目 / 十倍粥 小さじ2 🍚🍚
4日目 / 十倍粥 小さじ2 🍚🍚
5日目 / 十倍粥 大さじ1 🍚
6日目 / 十倍粥 大さじ1 🍚
7日目 / 十倍粥 大さじ1 🍚

まずは一週間かけてお粥に慣れて行きます。
全く食べない場合は、ミルクや母乳をスプーンで飲む練習をします。
スプーンで飲めるようになったら、そこにお粥を少しずつ加えて徐々に増やしていきましょう。

進まなくても焦らずに、数日開けてみるか同じメニューを一週間増やすなどをして赤ちゃんのペースで進んで行きましょう。

 

二週目~ビタミンやミネラルを含む野菜
二週目は野菜に挑戦してみましょう。

【献立例】
十倍粥大さじ1🍚+以下の食材
8日目 / 野菜① 小さじ1🥕
9日目 / 野菜① 小さじ1🥕
10日目 / 野菜② 小さじ1🥦
11日目 / 野菜② 小さじ1🥦
12日目 / 野菜③ 小さじ1🍠
13日目 / 野菜③ 小さじ1🍠
14日目 / 野菜④ 小さじ1🌽

お勧め食材

にんじん、大根、カブ、玉ねぎ、ほうれん草、かぼちゃ、小松菜、白菜、キャベツ、トマト、なす、冬瓜、ブロッコリー、カリフラワーなど濾しやすく、甘みのあるもの

NG食材

ネギ、ピーマン、もやしなどすりつぶしずらく、苦みや辛みがあるもの

小さじ1ずつ、野菜に挑戦して行きましょう。

三週目~食べられる食材を組み合わせ&果物にも挑戦

三週目は十倍粥の量を増やし、果物にも挑戦して行きましょう。

【献立例】十倍粥 大さじ1~2🍚🍚+以下の食材
15日目 /  野菜④ 小さじ1🌽
16日目 /  野菜⑤ 小さじ1🍅
17日目 /  野菜⑤ 小さじ1🍅
18日目 /  果物① 小さじ1🍌
19日目 /  果物① 小さじ1🍌
20日目 /  果物② 小さじ1🍒
21日目 /  果物② 小さじ1🍒

お勧めの果物食材 バナナ、イチゴ、スイカ、りんご、みかん、など

野菜は食べた事のある物同士なら小さじ3程度まで増やして大丈夫です。
(野菜①小さじ1+野菜②小さじ2など)
また果物は甘くて美味しいので赤ちゃんは喜びますが、他の野菜を食べなくなる原因や糖質の取り過ぎになるので、気を付けて下さい。

四週目~たんぱく質も取り入れて~
野菜に慣れてきたら、たんぱく質にも挑戦です!

【献立例】十倍粥 大さじ1~2🍚🍚+以下の食材
22日目 /  タンパク質① 小さじ1🐟
23日目 /  タンパク質① 小さじ1🐟
24日目 /  タンパク質② 小さじ1🐡
25日目 /  タンパク質② 小さじ1🐡
26日目 /  タンパク質① 小さじ1🐟 + 野菜④小さじ2🌽🌽
27日目 /  タンパク質① 小さじ1🐟 + 野菜④小さじ2🌽🌽
28日目 /  タンパク質② 小さじ1🐡 +野菜⑤小さじ2🍅🍅

お勧めのたんぱく質食材 豆腐 麩 しらす干し ちりめんじゃこ ひらめ かれい、など


上手に食べるポイント

  • スプーンは金属製の物ではなくプラスチックかシリコンが良い
  • スプーンのボウル部を赤ちゃんの下唇に乗せ、口を閉じたらスプーンを引き抜く
    ※上唇に擦り付け無いように。丸飲みの原因になります。
  • 並楽しく食事をする為「美味しいね」「あーん」など声掛けをする

point この時期に大切な事はたくさん食べる事より、唇を閉じてごっくんと出来る様になることです。

離乳食グッズの紹介

必ず必要な物

離乳食を進めて行くと必要なものは増えて行きますが、最初は必要最低限の物のみ準備して、あるもので代用しつつ足りないものを買い足していけば良いと思います。
私はブログタイトルの通り、無駄遣いが大嫌いなので、いつも必要最低限です。笑

【スプーン】

5ヶ月からのごっくん期用7ヶ月からのモグモグ期用のスプーンがセットになっています。
煮沸消毒、電子レンジ消毒、薬液消毒、食洗器に対応していて、専用のケースも付いているのとても衛生的です。(ケースにはどちらか一本しか入りません。)
コンビの商品ですし、歯科医との共同開発なので信頼できますね。
値段も安価なので、とてもお勧めな商品です!!
【食器】
離乳食初期はあげる量がごくわずかなのでこのような小鉢を使う事をお勧めします。
一品ずつ盛り付けれるので、味が混ざりません。
試用期間がとても短いので、このくらいの値段の物がありがたいですね!
煮沸消毒、食洗器、電子レンジ消毒に対応しています。
【調理セット】
カットプレート、おろしプレート、裏ごしプレート、すり鉢ボウル、すりつぶしボウルの機能がついているとても便利な調理セットです。
水を入れレンジにかければ茹でる事も出来ますし、裏ごし専用のヘラも付いています。
電子レンジ消毒も可能(金属パーツは不可)で、重ねて収納出来るので本当に便利です。これから一つずつ揃えるなら、こちらのセットが断然お勧めです!
初期は少量なのでわざわざ茹でたりブレンダ―を出したりするより、とてもお手軽で簡単だと思います。
専用のレシピも付いているので、これさえあれば離乳食をスタートする事が出来ます。
こちらの三点があれば必要最低限は大丈夫です!

あると便利なグッズ

【ブレンダ―】

裏ごしやすりつぶしなどを一瞬でこなしてくれるのでとても便利です。
ですが、初期の頃の離乳食の量はほんのひと匙ですので、上で紹介した調理セットがあれば十分です。ブレンダ―を出す方が大変という声もあります。
スムージーやポタージュなども作れるので、今後も使用しそうな方はこれを機に購入するのも良いかと思います。
こちらのようにシンプルな機能だけのものは3000円程度で購入できます。
調理セットと同じくらいの金額なので、どちらか一方を購入すると良いでしょう。
【お食事スタイ】
通常のスタイと違いフィルム加工ですので汚れが染み込みません。
ですが、離乳食初期は誰かが食べさせるのであまりこぼす事はありません。
小柄な子だと首元が緩く、あまり意味が無い事もあります。
タオルやガーゼを襟元に挟んであげれば十分だと思います。
手づかみ食べが始まると、とても重宝するので早めに揃えておいても良いですが、初期段階で用意する必要は無いと思います。
【おかゆ作り】
生米から家族のお米と一緒に炊く事も出来ますし、炊いたお米から電子レンジでお粥にする事も出来ます。
5倍粥、7倍粥、10倍粥の設定が出来ます。
また使わない時は粉ミルクケースとしても使える優れものです。
【小分け容器】
冷凍庫で保存が出来て、このままレンジで加熱する事ができます。
百均のものなどと比べ断然取り出しやすく、簡単に一つずつポコっと外す事ができます。
また、重ねて保存が出来るので冷凍庫のスペースをムダにしません。

まとめ

離乳食初期で必要&役に立つグッズを紹介致しました!
今回は何も持っていない方へ向けての記事でしたが、家にある物などで代用出来る物もあると思います!

私のように必要な物だけを揃えるタイプの方は、上記で紹介した調理セット(ブレンダ―でも良いかも)、スプーン、食器だけを揃え、後は必要な物を随時買い足してみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんの物は目新しくて可愛いので色々と欲しくなってしまいますが、先に揃えておくと使わない物が沢山あります。
離乳食は面倒な時もありますし、食べてくれないと悲しくなる事もありますが、赤ちゃんのうちの一つの思い出とし気長に頑張りましょう!!
これから離乳食を始める方のお役に立てると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です