≪離乳食初期に食べれる野菜、果物、たんぱく質≫赤ちゃんに必要な栄養素とは?

Pocket

赤ちゃんが10倍粥になれて来たら、2週間目からは野菜にも挑戦してみましょう!

赤ちゃんが好きな食材、食べやすい食材、栄養が多い食材などをレシピと一緒に紹介していきます。
離乳食を始めたばかりで何も分からないという方は参考になると思うので、是非読んでみて下さいね。

スポンサーリンク


赤ちゃんに必要な栄養素

赤ちゃんの食事の献立で気になるのは栄養素ではないでしょうか?
初期の頃は母乳やミルクから栄養をとりますが、いずれ卒乳をして食べ物から栄養をとるようになった時の為にも、初期からの食育が必要です。
小さいうちから、バランス良く食事をする習慣をつけてあげましょう。

WHO(世界保健機関)で公表されている“赤ちゃんの為の食のガイドライン”では以下の食品群5種類が推奨されています。

  • 主食
    米や小麦など主食となるような穀類
  • 豆類と種実類
    大豆やナッツなどたんぱく質源
  • 動物性食品
    鶏肉、牛肉、魚など動物の肉または食品。
    レバー、卵、牛乳などが特に鉄分を含んでいる。
    赤い色が濃いほど鉄を含むので赤身肉や赤身魚など。
  • 緑黄色野菜と果物
    オレンジの色が濃いほどビタミンが多く含まれている。
  • 油脂類と糖類
    程よい摂取は必要だが
    取り過ぎは要注意。

以上の5種類をバランスよく摂取出来るのが理想とされます。
ですが、初期のうちは母乳やミルクから栄養をとっているので焦らずに進めて行けば大丈夫です。

初期に使える野菜

離乳食の初期はどの野菜も、スープ状ヨーグルトくらいのドロドロ状にして食べます。
その為すり潰しやすく、甘みのある野菜が最適です。
反対にアクが強いもの、繊維が多くて潰しずらいものは避けましょう。

にんじん

一年中安価で手に入れる事が出来て、色鮮やかなので見た目にも綺麗です。
人参に豊富に含まれているβカロテンには、目や粘膜や皮膚を強くする効果があります。
風邪予防に最適な食べ物ですので、日頃から積極的に取り入れると良いでしょう。
人参は煮ると甘くなるので赤ちゃんに人気の食材です。

Cpicon ★離乳食★【初期】にんじんのすりつぶし by ゆりさんママ

 

キャベツ

胃腸薬の名前にもなっている「キャベジン」という栄養素が含まれています。
キャベジンは熱に弱いので加熱すると破壊されてしまいます。
しかし反対にカルシウムは熱に強い為、加熱するとよりたくさんの量を摂取する事ができます
また、便秘に最適な食物繊維も熱に強いので便秘気味の時に食べさせてあげると良いでしょう。

調理の際に溶けてしまった栄養素も取り入れるために、煮汁も一緒に混ぜると、より多くの栄養をとることができます。
繊維が多く、すりつぶすのが大変なのでしっかり茹でて活用しましょう。

Cpicon ★離乳食★【初期】キャベツの裏ごし♪ by ゆりさんママ

 

かぼちゃ

とても甘いので糖質だと思われがちですが、実は緑黄色野菜に分類されます。
緑黄色野菜は栄養素の宝庫であり、ミルクでは不足しがちな鉄分も含まれています。
また鉄分はビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップするので、両方含まれていて味も美味しいカボチャはとてもお勧めの野菜です。
便秘改善や美肌効果もあります。

Cpicon 離乳食初期☆カボチャペースト by imuzakotas

ほうれん草

緑黄色野菜の中でも特に栄養価が高く、母乳に不足しがちな鉄分を補ってくれます。
ですが、アクが強いので苦手な子も多いので赤ちゃんのうちから食べ慣れておくといいでしょう。
初期のうちは葉の部分だけを食べます。
冬になるとビタミンCの含有量は夏場のほうれん草の約3倍になりますので、冬場は特に積極的に食べる事をお勧めします。
また、冷凍のほうれん草は冬場に収穫したものを使用するので一年中同じ品質です。冷凍の物を使用するのもお勧めです。

Cpicon 離乳食初期 ブレンダーでほうれん草 by cookみほmama

玉ねぎ

安価で一年中安定して手に入る玉ねぎですが、腸内環境を整えてくれるオリゴ糖が豊富に含まれています。
また玉ねぎは血液をサラサラにし、花粉症やぜんそくなどのアレルギー体質の改善効果もあります。
辛みが強いイメージですが、しっかり加熱をすると甘さが増してトロトロになるので、まさに離乳食にピッタリの食材です。

Cpicon 離乳食初期 レンジで玉ねぎペースト by barney♪

 

トマト

トマトというと美肌効果のイメージですが、体の腐食を防ぎ酸化による病気を防いでくれる抗酸化作用があります。
体が未熟な赤ちゃんは抵抗力が低いので、抗酸化作用が含まれている食材を摂取するのはとても大切なことです。
皮は消化出来ないので、しっかり剥いてからあげましょう。

Cpicon 離乳食初期▷トマトのペースト! by gg♡

白菜

野菜の中でもアクが少なくて柔らかいので離乳食に良い食材です。
加熱をするとビタミンなどの栄養素が1/3程度に減ってしまいますので、茹で汁も混ぜてあげると良いでしょう。
見た目で劣化がすぐに分かる食材なので、斑点などが無くズッシリとした重みがある白菜を選びましょう。

Cpicon 【離乳食初期】白菜ペースト by fuu__mama

水菜

あまり定番ではないかもしれませんが、実は水菜はとっても栄養価が高い食材です。
離乳食で摂取したい要素の鉄分が、なんとほうれん草の2倍以上も含まれているのです。
食物繊維も豊富に含まれているので、是非積極的に摂取しましょう。
茎の部分は繊維が多く消化出来ないので、葉の部分を柔らかく茹でてからあげましょう。
食べずらそうな場合は、お粥に混ぜてあげるのもお勧めです。

Cpicon 初期の離乳食*水菜粥 by makikondoh

 

他にも使える野菜は
小松菜、ブロッコリー、なす、とうもろこし、大根、かぶ、さつまいも、じゃがいも、きゅうり、オクラなどがあります。

初期に食べれる果物

少し前までは生後少し経つと果汁をあげるという育児方法がありました。
ですが特にメリットが無く、むしろ虫歯や下痢などのデメリットが多い事から、現在では離乳食に少し慣れてきた6ヶ月頃から果物を与える事が多くなってきました。

栄養は野菜などでも摂れるので無理に果物を与える必要はありませんが、甘くて美味しいので、適度に与えてあげると食事の時間を楽しみにしてくれるかもしれません。
ただし、どの果物もアレルギーの可能性はありますので初期のうちは必ず加熱をしてアレルギー源を減らしてからあげるようにしましょう。

りんご

一年中手に入りやすいりんごは初めての果物にぴったりです。
また、加熱すると甘みも増すので赤ちゃんも喜びます。
他の食材との相性も良いので、組み合わせてバリエーションを広げましょう。

Cpicon 離乳食初期☆りんご☆レンジで簡単! by はちゅっこ

みかん

ビタミンCやカロテンなどが豊富に含まれいるみかんですが、赤ちゃんにとっては酸味が衝撃的かもしれんません。
慣れないうちは加熱して甘みを増やしてからあげると食べやすいでしょう。
缶詰のみかんはシロップの甘みが強すぎるので避けるようにして下さい。

Cpicon 離乳食初期☆みかん☆レンジで簡単! by はちゅっこ

 バナナ

とても甘くて一年中売っていて尚且つ消化も良いので、離乳食には最適の食材です。
野菜やヨーグルトとの相性も良いので野菜克服の為にバナナを混ぜてあげるのも良いでしょう。
販売されているバナナの殆どが輸入品なので農薬などの心配がありますが、有機JASマークがついている物は「農薬を使用していない」というマークなのでJASマークがついている物を購入しましょう。

Cpicon 離乳食初期✿バナナペースト✿ by *Riie*

 

他にも、いちご、桃、メロン、すいか、ぶどう、さくらんぼ、梨などは初期から食べられるので、新鮮な果物が手に入ったらあげてみましょう。

初期に使えるたんぱく質

たんぱく質は赤ちゃんの10人に1人がアレルギー反応を起こすと言われています。
離乳食を始めてすぐにあげるのではなく、野菜や果物に少し慣れてきた3週間目以降にあげるようにしましょう。

絹ごし豆腐

初めてのたんぱく質には絹ごし豆腐を選ぶ事をお勧めします。
いつでも手に入り調理も簡単で、味も魚より淡泊なので赤ちゃんが受け入れやすいです。
豆腐の原料の大豆は畑の肉と言われる程に栄養価が高く、たんぱく質の他にもたくさんのミネラルが含まれているので積極的に取り入れたい食材です。
大人はそのまま食べる事もありますが、赤ちゃんにあげる際には必ず加熱してからあげましょう。

Cpicon 離乳食初期◎豆腐ペースト by えくすぺ

 

しらす

とにかく栄養たっぷりのしらすですが、特にカルシウムは100gで牛乳2本分(成人に必要な1日のカルシウムの量)が含まれています。
塩抜きやすりつぶしなど少し手間はかかりますが、とても良い食材です。
また、しらすは足が早いので購入したらすぐに調理をして冷凍保存をして下さい。

Cpicon しらす☆離乳食初期 by ウニ太郎ママ

アレルギー魚介

鯛・ひらめ・カレイ

初期にあげられる魚は白身魚です。
上記の三種以外にもタラ、鮭、ホッケなども白身魚ですがアレルギーの可能性があるので、中期以降に徐々にあげる事をお勧めします。

上記三種は脂肪分も少なく、食感も良いので赤ちゃんは食べやすいです。
少し高くつきますがお刺身を購入すれば、鮮度は安心ですので始めの頃はお刺身を購入しても良いかもしれません。

Cpicon離乳食初期(5~6カ月)白身魚のすり流し by シュフパティシエ

ヨーグルト

たんぱく質の他にも乳酸菌やビフィズス菌を多く含み便秘解消にもなり、カルシウムも豊富です。
牛乳よりもたんぱく質の分子量が小さいのでアレルギー反応を起こす可能性が低いといわれていますが、家族に牛乳アレルギーの方がいる場合は一歳過ぎまで控えた方が安心です。
また初期にヨーグルトをあげる場合は必ず全脂無糖のものにしましょう。
無糖のままだと酸味が強くて食べずらいので、果物と混ぜてあげると良いでしょう。Cpicon バナナヨーグルト〜離乳食初期〜 by ねーママ

麩は7割から8割が炭水化物とたんぱく質で出来ています。
保存がしやすく、すりおろして食材に混ぜるととろみが付くので離乳食にぴったりな食材です。
魚や豆腐を切らしてしまった時にも重宝するので常備しておくと良いでしょう。
ただし、麩は小麦粉を主成分としているのでアレルギーに注意が必要です。
野菜やお粥や魚など、何にでも合うのでとてもお勧めです。

Cpicon 【離乳食初期】お麩ミルク煮♡ by anyanna

他には無調整豆乳、きな粉、枝豆などがたんぱく質を含んでいます。

初期に食べてはいけない食材

  • はちみつ
  • 青魚
  • 黒糖
  • 貝類
  • 銀杏
  • 刺身や生肉

上記の物はアレルギー反応を起こしたり、死亡例が報告されている食材です。
上記のものは絶対に赤ちゃんに与えないようにしましょう。

 

また、

  • ナッツ
  • こんにゃく

などの喉につまらせやすい物や、噛み切る必要がある物も初期には与えないようにして下さい。

野菜では、もやしやピーマンなどのアクや苦みが強い物、繊維が多すぎる物、潰しにくい物が初期には向きませんのでご注意下さい。

まとめ

今回は離乳食初期に食べて良い物や食材をまとめてみました。
始めての離乳食は右も左も分からずに、一食一食がドキドキです。

ですが、もちろん始めは誰でもそうです。
毎日していれば必ず慣れて来たり、自分なりの効率の良い方法が見つかっていきます。

一生懸命作ったのに赤ちゃんが一口も食べてくれない時は落ちこんでしまいますが、大人でも食欲がない時や気分に合わないと食べたくなくなる時もあります。

食べてくれなかった時も深く考えずに「明日は食べるといいな~」くらいの気持ちで過ごしましょう。
それが難しいのですが、、、(笑)

 

食べる量や、必要なグッズが分からない方は是非こちらの記事を読んでみてください!
「離乳食の始め方が全く分からない!!」そんな方への完全マニュアル

まだ少しも離乳食について分からない!という方向けの記事です。

 

離乳食初期のお子さんをお持ちの方のお役に立てれば嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です