【赤ちゃんのオムツ用ゴミ箱】必要性や選び方、お勧め商品をご紹介!

Pocket

子どもが生まれると生活の一部となってくるオムツ交換ですが、使用後のオムツは家庭のゴミ箱に捨てても良いのでしょうか?また匂いは気になる物なのか、購入の際のチェックポイントやお勧め商品などをご紹介して行きます。
オムツのゴミ箱を探している方の参考になると嬉しいです!

スポンサーリンク

オムツ用のごみ箱は必要?

住んでいる自治体によってオムツの捨て方は異なります。
一般的には、汚物をトイレに流して燃えるゴミに捨てるオムツ専用の袋を配布または購入し一般のごみとは分けて捨てる事が多い様です。
また、ゴミ収集の回数も地域によって違うので、汚れたオムツを家に置いておく日数も家庭によって異なります。

マンション等で毎日ゴミを出せる人は毎日出せば気になりませんが、ゴミを出せる日が決まっている場合は3~4日程の間家に置いておく事になります。

新生児の頃のうんちはそこまで匂いませんが、成長に伴いオムツの匂いはどんどんきつくなっていき、特に夏場は激臭になります。
その為、ゴミ捨ての日が決まっているご家庭では、オムツ用のごみ箱を必ず用意した方が良いでしょう。

選ぶポイント

オムツ用のゴミ箱は種類がたくさんありますが、購入する際にチェックするポイントをご紹介いたします。

  • 指定のごみ袋をセット出来るか

オムツを捨てるゴミ袋が定められている場合は、二度手間になるのを防ぐためどんな袋でもセット出来るタイプの物を選びましょう。

 

  • 容量

新生児の頃はオムツのサイズも小さく排出する量も少ないですが交換の回数が多いです。成長とともに回数は減っていきますが、その分オムツのサイズが大きくなり排出量も増えて行きます。
オムツは2~3歳頃まで使う事が多いので、次のお子さんが生まれた場合などは、思ったよりも早いスピードでゴミ箱がいっぱいになります。
特に保育園や幼稚園に通わずに一日家で過ごす方はすぐにいっぱいになってしまいます。

忙しい育児中はゴミ袋をセットしなおす時間さえ貴重なので、生活や子どもの年齢にあった容量の物がお勧めです。

 

  • 捨てるのが簡単

泣いている赤ちゃんをあやしたまま片手でオムツを捨てられる様に、捨てるのが簡単なタイプを選びましょう。

 

  • 消臭力が強く衛生的

オムツの匂いはプラスチックを通してしまいます。その為、ビニール袋やジップロックなどに入れて口を縛っても、時間が経つと袋を通して匂いが外に出て来てしまいます。ゴミ箱は消臭効果が高くプラスチック製ではない物がお勧めです。
特に夏場は虫が湧く可能性もあるのでこまめな清掃が必要です。パーツが少なく、拭き掃除や殺菌スプレーなどをかけやすい物にしましょう。

 

  • 専用カートリッジの有無

ゴミ箱によっては専用の袋が必要なタイプがあります。
袋の交換が簡単だったり匂いが漏れにくいなどのメリットはありますが、余分な費用がかかります。
リビングなどの人が集まる場所にゴミ箱を置くなど、匂いを徹底的に抑えたいという方に適しています。

 

お勧め商品

【ポイテック】

オムツを捨てる度に、自動でひとつずつ専用のフィルムで包んで密閉するので、匂いの密閉力が抜群に高いです。
オムツを入れてレバーを回すと次のオムツをセット出来る様になっています。
デザインや色味もスタイリッシュでおしゃれなので、インテリアの邪魔にもなりません。
専用フィルムは、一つのカセットにオムツ約105枚から120枚を処理する事が出来て、ワンセットで1000円程です。

 

【ウッビー】

シンプルなデザインと設計の定番タイプです。
サイズが30L以上であれば殆どのゴミ袋をそのままセットする事が出来ます。
スチール製なので長く使っても匂いがゴミ箱に移る事がありません。また構造がシンプルなのでお手入れも楽ちんです。
チャイルドロックがついているので、子どもがいたずらする心配が無いのもお勧めポイントです。

 

【ピジョン ステール】

有名メーカーのピジョンから出ているゴミ箱です。
20~30Lの袋ならどんな物でも対応可能です。
いっぱいになったゴミ袋を縛るという作業は、匂いが一気に上がって来るので大変なのですが、こちらのゴミ箱は袋の入り口を外に出す事なくゴミ袋の処理をする事が出来ます。(商品ページ内の動画をご覧ください)
公共の施設のオムツ入れとしても良く使われています。

 

【リッチェル ミッフィー】

カラフルな色味とミッフィーちゃんが可愛い、子ども向けデザインです。
蓋の内側に消臭剤をセットするポケットがついています。
市販の袋をセット出来て、Sサイズのオムツ約20枚を捨てる事が出来ます。
ボタンを押すと片手で蓋を開ける事が出来るので、1歳半頃になると自分でオムツを捨てる練習が出来ます。
オムツ卒業後は普通のゴミ箱として使用しても可愛いですね。

 

【Zita】

楽天デイリーランキングで9部門1位を獲得している話題のゴミ箱です。
蓋の開閉はセンサーで作動します。匂いは上に上がる性質があるので、蓋を開けた際に一気に匂いを感じてしまいますが、こちらの商品は捨て口が横にスライドして開くので、嫌な匂いを感じる事がありません。
また、横開きなのでカウンターや棚の中に設置してもゴミを捨てる事が出来ます。
赤ちゃんを抱っこしたまま、手を汚す事なく片手でオムツを捨てられるのが大変便利で衛生的です。

 

【Primanova】

こちらの特徴は容量の多さです。
兄弟が居る家庭やずっと乳幼児と家で過ごす事の多いご家庭にも安心のサイズです。二重蓋になっているので匂い漏れもしずらく、本体の重さが3キロ程あるので子どもが倒してしまう心配もありません。

まとめ

オムツのゴミは乳幼児がいる間ずっと出る物なので、使用期間や使用回数は非常に多いです。
兄弟が生まれれば年単位で使用する事になるので、気に入った物を選びましょう!

日中の過ごし方やゴミ捨ての回数、置く場所、乳幼児の人数によって重要視する点は違うので、特徴の異なる商品をご紹介させて頂きました。
少しでも参考になると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

 

~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから

 


 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です