\赤ちゃんの歯磨きはいつから?/磨き方やポイント、お勧め商品をご紹介!

Pocket

赤ちゃんに歯が生えてきたら、いよいよ歯磨きデビューです。
赤ちゃんは口も歯も小さいので、歯ブラシを口に入れるだけで大変ですが、虫歯になってしまってからでは手遅れです。

今回は歯磨きを始める時期、磨き方や注意点、お勧めの歯ブラシをご紹介して行きます。
正しい方法を身に着け、お子さんの歯を守ってあげましょう!

スポンサーリンク

 

歯磨きはいつから?

歯磨きは 初めの一本が生えてきたら始めましょう 
多くの赤ちゃんは生後6カ月~9カ月の頃に歯が生え始めるので、注意してお口の中を見ておきましょう。

歯磨きの必要性

乳歯は永久歯と比べて歯と歯の間の隙間が広いので、唾液や飲み物で食べカスが流れやすくなっています。しかし全ての汚れが自然に流れる訳では無いので、歯磨きをする必要があります。

また口の中はとても繊細で敏感に出来ているので、触られる事を不快に感じる子もいます。なので小さい赤ちゃんのうちから歯磨きを習慣にし、口腔内を触られる事に慣れておく事も大切です。

 

もし虫歯が出来てしまうと自然には治らないので、子どもが大嫌いな歯医者さんに行かなくてはなりません。
そして、歯が悪化し乳歯を抜歯してしまうと、次に生えてくる永久歯の歯並びに影響が出てきます。虫歯で無くした歯のスペースに隣の歯が傾いてしまい、その結果永久歯が曲がって生えてきてしまうのです。

 

「まだ一本しか生えていないし・・・」「どうせ永久歯に生え変わるし・・・」などと思いがちですが、後で大変な思いをしない様に、一本一本の歯を大切にしていきましょう。

乳歯の数と生え方

乳歯はまず下の前歯2本から生え始め、次に上の前歯が2本生えます。
1歳頃になると前歯の上下両隣に 乳側切歯 と呼ばれる歯が4本生えます。
1歳半頃になると乳側切歯の少し奥に更に一本ずつ生えます。この4本は 第1乳臼歯 と言って初めての奥歯になります。
そして2歳頃になると乳側切歯と第1乳臼歯の間に 犬歯 が出てきます。犬歯は糸切り歯とも呼ばれる歯で、名前の通り糸を切れる様にするどく尖っているのが特徴です。
2歳半頃になると第一乳臼歯の奥に1本ずつ 第二乳臼歯 が生えて合計20本の乳歯になります。

乳歯は通常上記の20本ですが、50人から100人に1人の割合で先天的に歯の数が少ない事もあります。乳歯が少ないからと言って永久歯の本数も足りないとは限らないので、永久歯に生え変わる頃に歯科医師に相談してみましょう。

歯磨きのポイント

子どもが自分で行う歯磨きは、練習や習慣付けを目的と考え、9歳頃までは大人の方が仕上げ磨きをしてあげましょう。

動き回る子どもの歯を磨くのは難しいですが、いくつかポイントがあるので参考にしてみて下さい。

 

  • 歯は一本ずつ磨く

食べカスや汚れは表面よりも隙間に溜まりやすいので、全体を一気に磨くのではなく、一本ずつ磨いていきましょう。

 

  • 一歯につき5秒ずつ

あまり長い時間磨いていると子どもは飽きて、歯磨きが嫌いになってしまいます。一歯につき5秒を目安にして下さい。

 

  • 奥歯の溝をしっかり磨く

奥歯には溝がありますが、その溝に食べカスが溜まりやすいです。詰まってしまうと自然には取れにくいため虫歯になりやすい箇所の一つでもあります。

 

  • 理想は1日3回

理想は毎食後1日3回磨くのが良いですが、外出先や機嫌が悪い時、極端に歯磨きが嫌いな子の場合には難しい事もあるかもしれません。
もし出来なかった場合でも、寝る前だけは必ず歯を磨く様にしましょう。

 

  • 力を入れ過ぎない

赤ちゃんの上唇小帯(上唇の裏側に縦にあるヒダの様な物)はとても繊細で、一度傷がついてしまうと、2週間程痛みと違和感が続くと言われています。
しっかり仕上げ磨きをしようと思うあまり、力を入れ過ぎて傷をつけてしまわない様に、指で上唇小帯を押さえなるなどして注意をしながら磨きましょう。

 

  • 歯磨き粉はつけない

初めのうちは歯磨き粉を付ける必要はありません。
歯磨き粉は味や舌触りに特徴があるので嫌がる子が多く、言葉が通じないうちはゆすいだり歯磨き粉を吐き出したりする事が出来ません。
2歳頃を過ぎ、口をゆすげる様になったら子ども用の歯磨き粉にチャレンジしてみましょう。

 

  • 歯磨きを楽しい時間に

一番大切なのは歯磨きを嫌いにならない事です。義務の様に毎食後に歯磨きをするのではなく、歌を歌ったり、絵本を読み聞かせたり、テレビや動画に合わせて磨くなどをして、歯磨きタイムを楽しい時間にしましょう。

 

お勧めの歯ブラシ

赤ちゃん向けの歯ブラシは沢山ありますが、デザインや持ち手、歯ブラシの感触など赤ちゃんによって好みがあるので、お気に入りの物を探してみてください。

 

【ワコードー】

全周がブラシになってるので、どの向きで口に入れてもきちんとブラシ部分で歯を磨く事が出来ます。
ハンドルがあるので持ちやすく、喉につっかえない為のストッパーの役割にもなっています。
毛が細くて柔らかいので違和感なく使う事が出来て、初めての歯ブラシにお勧めの商品です。

 

【エジソン】

歯ブラシと歯固めの役割を果たしてくれます。
側面と底面からシリコン製のブラシが違う角度で出ています。
噛むだけで汚れをかき出して、すみずみまで磨く事が出来ます。
歯の生える時期は、痒みや痛みから夜泣きをしたり、機嫌が悪くなる事がありますが、こちらがあれば赤ちゃんのストレス解消にもなるでしょう。

 

【HAMICO】

歯科医師、歯科衛生士考案のとてもオシャレな歯ブラシです。
ブラシの毛は柔らかいだけでは無く毛先を丸く加工しているので、磨き心地がとても良く、多くの赤ちゃんに気に入られています。
ヘッド部分が最小限まで小さくされている為、口の奥の方までブラシが届きます。
別売りの専用ホルダーを購入すれば置き場所にも困らず、衛生的に保管出来るのも嬉しいポイントです。

 

【エジソン】

始めのうちはサイドのハンドル部分を両手で持ち、慣れて来たら真ん中の持ち手部分を片手で握ります。ハンドル部分がストッパーの役割にもなっているので、片手持ちをしても喉につっかえる心配がありません。
ブラシは両面についているので、どちらの向きで持ってもブラシが歯に当たる様になっています。
リンゴを大事そうに両手で持つ姿はとても可愛いので、多くの保護者から大好評です。

 

【リッチェル】

リング型、スティック型の歯ブラシが2本、つっかえ防止のストッパー、ケースの5点がセットになっています。スティック型の歯ブラシは、ブラシ部分がシリコンの物と柔らかい毛で出来た物(12カ月から用)の2種類です。
12カ月から用の歯ブラシ以外は、食洗器、電子レンジ消毒、薬液消毒、煮沸消毒が出来るのでとても衛生的で安心です。
赤ちゃんの好みを探る為にも3つの種類を試せるのは嬉しいですね。

 

まとめ

最近では歯を大切にする人が増えて来て、歯は食べる為だけではなく、清潔感や美容など審美的にも重要視されています。
虫歯になりやすい体質や生まれ持った歯並びなどはありますが、歯は自然治癒する事は無く、抜けた歯はもう二度と生えてきません。
子どもの大切な歯を守るのは保護者の仕事だと思いますので、正しい歯磨きを習慣付け一本でも多くの歯を健康に維持しましょう!

ここまで読んで下さってありがとうございました。
 
~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です