\赤ちゃんのコップトレーニング/飲まない時の練習方法やお勧め商品をご紹介!

Pocket

ストローやスパウトに慣れて来たら、次はコップで飲む事に挑戦してみましょう。
コップはお手入れが楽ちんというメリットがありますが、こぼしやすく、中身で遊んでしまいがちなのも特徴です。
今回はコップ練習を始める時期や練習方法、お勧めのマグをご紹介していきます。
是非読んでみて下さい!

コップ練習はいつから?

コップの練習を始める時期は決まっていませんが、

  • 自分の手でコップの取ってを持つ事が出来る
  • 上唇と下唇を使い水分を「飲む」事が出来る

様になったら、コップデビューをしてみましょう。

生後5~6カ月頃になると哺乳瓶やスパウトを自分で持とうとし始めます。コップマグは中身がこぼれやすく、口に入れる量を自分で調整する必要があるので、自分でマグを持てる様になってからの方がスムーズに進みます。

また、生後間もない頃は吸啜反射があった為、口に近づいた物に自然に吸い付き、口内に入ってきた物を飲み込みますが、成長と共にその反射機能は薄れて行き、徐々にスプーンや容器の飲み口を上下の唇で挟み、飲み物を飲み込むという方法に変わって行きます。
スープやお味噌汁などをスプーンで飲める様になったら、コップに挑戦してみましょう。
月齢の目安としては7~8カ月のモグモグ期の頃に始める子が多いです。

練習方法

一日のうちで「食後」「お風呂上り」「ねんねから起きた時」など水分補給をするタイミングがあると思いますが、そのタイミングでコップを使い水分補給をしてみましょう。
赤ちゃんの中でもルーティーンがあるので、いつもと同じ時間だと抵抗なく口を開けてくれる可能性が高いです。初めはこぼしてしまいがちなので、湯冷ましなどがお勧めです。

量は1口から2口程度の極少量から始めます。
赤ちゃんにコップを持たせ、横もしくは正面から支えてあげましょう。
赤ちゃんが唇でコップの飲み口を挟んだら、ゆっくりとコップを傾け少しずつ口に水分を入れていきます。
いきなり沢山入れてしまうとムセて驚いたり、コップを嫌いになってしまう事があるので、ゆっくり少量ずつを心がけましょう。

 

上手くいかない時に試す事

すんなり受け入れてくれる子も居れば、頑なに拒否をする子も居ます。
無理やりコップで飲ませる必要はありませんが、以下の事を試してみると効果的です。

 

  • ジュースをあげてみる

生後3カ月頃から飲める清涼飲料やジュースなら、甘い匂いにつられて飲み始めるかもしれません。そういった飲み物に抵抗がある方は湯冷ましで薄めて、香りづけ程度にするだけでも効果はあります。

  • 大人が見本を見せてあげる

子どもの前でコップを両手で持ちゴクゴク飲んでお手本を見せてあげましょう。美味しそうに飲む姿を見せると、子どもの興味を惹き真似をしてくるかもしれません。

  • 好きな色やキャラクターのマグにする

子どもは用途を考えるより先に、見た目で興味を持つか持たないかを決めます。
もしもコップに抵抗がある様なら、お気に入りのマグを見つけてあげましょう。購入したコップにシールを張るだけでも効果があります。

  • 大きさを変えてみる

子どもによって手の大きさや力が違うので適切なサイズは異なります。
今使っているコップが大きかったり重かったり、持ち手部分が握りにくいのかもしれません。
またコップが大きすぎると飲み物が出てくるまで時間がかかるので、まずはおちょこなどで試してみても良いでしょう。

  • 場所やあげる人を変えてみる

こだわりの強い赤ちゃんは「飲み物はこのスパウトで飲む!」「この哺乳瓶じゃないと飲まない!」と決めているのかもしれません。そんな時は外出時や帰省時など別の事に気が向いている時に何気なくコップを渡してみましょう。本人も気がつかないうちに飲んでしまうかもしれません。
またパパやお友だちの手からコップを渡してもらうのも効果的です。人が変わると先入観なしで手に取ってくれるかもしれません。

  • コップにストローを入れてみる

コップを何の為に使うのかが分かっていないという事もあるので、コップにストローを差し込んで口に近づけてみましょう。コップから飲み物が出てくる事が分かれば、ストローを抜いても飲める様になるかもしれません。

  • 諦める

大人になれば必ず誰しもコップで水を飲む事が出来る様になるので、今はまだ嫌なんだなと思い、しばらく辞めてみても良いと思います。
周りの子がみんなコップで飲んでいると不安になりがちですが、大人にも自分だけのこだわりがある様に赤ちゃんにも好みやこだわりがあります。
なかなか進まないなという時は、一度時間を空けてみると、何かの拍子でスムーズに飲む様になるかもしれません。

お勧めマグコップ

【ファーストカップ】

高さ5cm・飲み口直径5cm・重さ8gとまさに赤ちゃんサイズです。
容量は約50mlですが1歳未満の赤ちゃんには十分な量です。また軽量のメモリもついているので、どれくらい飲んだかがすぐに分かります。
1セットに同じコップが4個入っているので、消毒や洗浄中も困りません。
食器洗い機・煮沸消毒・薬液消毒に対応していて、細かいパーツが無いので常に清潔に保つ事が出来ます。

 

【いきなりコップ】

生後3カ月から使える珍しいデザインのコップです。
飲み口が傾斜しているので顔を上に向けなくても飲み物を飲む事が出来ます。
計算された角度により一気に飲み物が口に入る事がなく、赤ちゃんの小さな口にフィットしやすい飲み口になっています。
母乳育児を続けていると、突然哺乳瓶拒否をする子も多くいますが、こちらのマグは生後3カ月から使えるので、粉ミルクや搾乳した母乳を飲ませる為にも使えます。
このコップで飲める様になればストローマグやスパウトも必要がないので、購入する物も最低限で済みます。
離乳食開始後はスープやスムージーを入れて飲ませる事も出来るという、コスパ最強のコップです。

 

【グリーンスプラウツ トレーニングマグ】
シンプルなデザインと設計のベーシックなマグコップです。
シリコン製なので落としても壊れる心配がなく、柔らかい素材が安心感を与えてくれます。
石油、メラミン、BPA、PVCなどが不使用なので子どもの口に入れても安心です。
電子レンジや食洗器も使用可能です。

 

【マンチキン ミラクルカップ】
マグコップと違い、飲み口を吸うと中身が出てきます。その為逆さにひっくり返しても殆どこぼれる事がありません。
360度どこから吸っても飲み物は出てきますが、子どもによっては使い方が分からず、イライラしてしまう子もいる様です。しかしパーツも少なく丸洗い可能で中身をこぼす心配がないので、親としてはありがたい商品です。
通常のコップより飲むのに時間がかかるので、外出時などの時間持たせにも使えます。
好みはありますが、一度試してみる価値はあると思います。

 

【アンパンマン マグコップ】
アンパンマン好きな子は、アンパンマンだという事だけで興味を持ってくれるので、コップ練習が進まない方には是非試してみて欲しい商品です。
飲み口サポートが付いている蓋をセットすれば、中身が少量ずつ出るしくみになっています。まずはサポート付きで練習し、慣れてきたらコップだけで飲める様に練習してみましょう。

 

まとめ

コップ飲みが出来る様になると、外食先でも水分補給をしやすく、洗い物の手間が減るというメリットはありますが、こぼしやすかったり一気飲みしてしまうというデメリットもあります。
子どもによって好きな飲み方があるので、色んなタイプの物を与えてみてお気に入りのマグを見つけてあげましょう。
少しでもコップデビューの参考になると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

 

~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから

 


 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です