≪赤ちゃんがストローで飲まない!≫練習方法と初めてのストローマグ7選

Pocket

赤ちゃんがストローで飲み物を飲める様になると、お出かけの時などにとても便利です。
ストローは倒してもこぼれる量が少なく、パックのジュースにも使われています。

しかし赤ちゃんにとっては何の為にある物なのかすら分からないので、初めは上手く飲めなくて当然です。
そこで今回は赤ちゃんがストローを使って飲み物を飲む練習法お勧めのグッズなどをご紹介致します。

ストローデビューしたい赤ちゃんのお母さんの参考になれると嬉しいです!

 

スポンサーリンク


ストローはいつから?

基本的に生後5~6ヶ月頃までは母乳やミルク以外の水分は必要ないとされています。
ですが、暑い時期やおしっこの量が多い赤ちゃんは、母乳やミルクだけでは水分不足になってしまう事もあるので、その場合は生後2ヶ月以降なら赤ちゃん様のジュースや麦茶を与えても良いとされています。

 

赤ちゃんの飲み方のステップは

  • 哺乳瓶→スパウト→コップ→ストロー

と言う方が多い様です。

 

しかしスパウトを使わずいきなりストローを使う子や、ストローは使える様になったけどコップは出来ないという子など様々です。

大人になれば必ずみんな飲める様になるので、上手に飲めなくても心配はせずに成長にあった物を使って飲み物を飲ませてあげましょう。

 

ストローを使える様になる時期は8~10カ月頃の離乳食後期が始まった頃の子が多いですが、早い子だと5カ月頃から出来る子もいます。

 

離乳食後期に入り、母乳やミルク以外で水分補給をする事が増える頃に、練習を始めれば良いでしょう。
哺乳瓶やスパウトでも何の問題なく水分補給は出来るので、あくまで目安として考えて下さい。

 

練習の方法

 

~STEP1~

赤ちゃんの中には、何も教えなくてもいきなりストローを吸う事が出来る赤ちゃんもいるので、まずはストローマグを渡してみましょう。

大抵の赤ちゃんは訳が分からず遊んでしまので、まずは思う存分触らせたり噛ませたりさせてあげましょう。

 

遊んでいるうちに、何かの拍子でストローを吸う事が出来て “飲み物が出てくる” と言う事が分かれば、次は中身を出してみようと試行錯誤して自然と吸える様になる事もあります。

 

 

~STEP2~

しかし多くの場合は、ストローから飲み物が出てくるという事に気が付かないので、そんな時にお勧めなのが紙パックのジュースです。

 

 

参考ジュースなどは生後5、6カ月の頃は薄めて飲む物もありますが、アクアライトは生後3ヶ月から薄めずに飲む事が出来るのでお勧めです。

こぼしてしまってもジュースより色が付きづらく、赤ちゃんの好きな甘い味なので飲んでくれる可能性が高いです。

 

赤ちゃんがストローを咥えたら、パックを少し押して中身を出してあげて下さい。
すると、赤ちゃんはストローからジュースが出てくるという事を覚え、自然と吸える様になります。

初めのうちは何かが口に入って来たという事に気付くだけで十分です。
こぼれてしまっても良い様に、エプロンを付けておいたり着替えをする前に練習をすると、ママも安心して見守る事が出来ます。

 

 

~STEP3~

もし上手く行かない様でしたら、一度スパウトを試してみるのもお勧めです。

 

 

哺乳瓶は乳首の先端に穴が開いているのに対して、スパウトは切り込みが入っています。
哺乳瓶より吸う力が必要なので、ストロー前のワンクッションには丁度良いです。

参考スパウトの飲み口はいかにも “プラスチック” という物なので拒否してしまう赤ちゃんも居ます。嫌がる場合は無理に練習する必要はありません。
個人的には、わざわざ購入しなくてもプレゼントで貰ったなど、自宅にある場合は使ってみると良いと思います。

 

 

~STEP4~

ストローをスポイトの様にして使う

上記を試しても出来なかった場合は、ストロー内に入っている飲み物を赤ちゃんの口に流し込む事から始めてみましょう。
コップなどにジュースを入れて、ストローを差して親指で蓋をします。
そのまま赤ちゃんの口に運び、親指を離し飲み物を口に入れましょう。

もしジュースなどに抵抗がある方は果汁を薄めた物などをあげるのもお勧めです。

 

この様にストローは怖いものではなく、美味しい物が出てくる物だと言う事を数日かけて教えてあげて、また次のステップの練習をしてみましょう。

ストローマグの選び方

ストローマグには様々な素材やデザインがありますが、ここでは初めてのストローマグにお勧めな商品をお勧めします。

 

初めてのストローマグを選ぶコツは

  • 軽い

赤ちゃんが持っても疲れない様に、プラスチック製の軽い物がお勧めです。
保温性に優れている物などもありますが、重くなりがちです。
常温で飲めれば問題無いので、プラスチック製の物が良いでしょう。

 

  • ハンドル付き

まだマグの本体を持つ事は難しいので、自分で飲める様にハンドルが付いている物にしましょう。両手で持てる様に両側についている物が特にお勧めです。
しかしハンドルが付いていると鞄の中などでかさ張るという欠点もあります。

 

  • 漏れにくい

初めのうちはストローマグの用途が分からず、振りまわしたり投げたりしてしまうと思います。
そうでなくても、外出時の持ち運びの際などに漏れてしまうと大変なので、漏れにくい商品を選ぶようにしましょう。

 

 

お勧めの商品

【UMEE ペンギンボトル】

とても可愛いペンギン型のデザインで目立つ事間違い無しです
くちばしの部分にストローが入っていて、スライド式のキャップで収納出来ます。スライドキャップだと蓋を無くす事が無いので良いですね。
また、チューブ内に漏れ防止の弁を付けるなど機能性も優れています。

サイズは240mlと360ml、色はグレイと ブルーのから選ぶ事が出来ます。

 

【リッチェル】

蓋についているボタンを押すと、中から飲み物が出てくる作りになっています。
赤ちゃんがストローをくわえたら、ボタンを押して中身を出してあげれば、紙パックでする練習と同様に、ストローから飲み物が出てくるという事を学べます。
各パーツがシンプルな作りなので洗い物もしやすく、蓋を外せばそのままマグコップとしても使用可能です。
キャップは付いていないので、お出かけ用には向きませんが、お家での練習や食後用に使うにはとてもお勧めです。

 

【ピジョン】

機能性ではトップクラスの高評価を持つ、根強い人気のストローマグです。
ハンドルをしまう事が出来るので、持ち運ぶ際にバッグの中で場所を取りません。
容量は150mlと少なく感じますが、赤ちゃんにとっては持ちやすい大きさなので、他のメーカーのマグは自分で持たない子も、こちらのマグなら自分で持って飲む事もあります。
実際には一回のお出かけ程度なら150mlで十分だと思います。
ストローは少し太めなので赤ちゃんが吸いやすく、細い物に比べ弱い力でも中身を出す事が出来ます。コップの底にストローが付くので最後まで飲み干す事が出来るのもお勧めポイントです。
価格も他の物に比べ安めなので、大人気の商品です。

 

【コンビ テテオ】
ハンドルに角度が付いていて、両手で持つと自然とコップが傾むく様になっています。ストローで飲む場合、量が少なくなってくるとストローの先が飲み物に付かなくなりますが、傾きのおかげで赤ちゃんが自分で持っても、最後まで飲みきる事が出来ます。
パーツの位置を合わせて組み立てる事により、ぴたっとしまるのでかなり漏れにくいです。
パーツを細かく分解出来て衛生的ですが、凹凸があるので少し洗い辛いのが難点です。

 

【オクソー】
アメリカの言語聴覚士と小児科医が共同で開発した商品です。
アーモンド型の飲み口が赤ちゃんの口にフィットするので、ストローが初めての子でも上手に飲めるのが特徴です。
また、ストロー部にV字の弁がついている為、逆さにしてもこぼれない作りになっています。
デザインや色味が大人っぽくて、とてもオシャレで可愛いです。

 

【サーモス】
魔法瓶で有名なサーモスの商品です。
ボタンを押せばワンタッチでストローが出てくるので便利ですが、赤ちゃんが自分で空けてしまう可能性もあります。
ハンドルは取り外す事も出来るので、鞄に入れる時は外すなど用途に合わせて使用する事が出来ます。
交換用のストローが付いてくるので、汚れが目立ったり無くしてしまった際に、わざわざ買う必要が無いのが良いですね。

 

マンチキン 
ストローの先におもりが付いているので、どんな角度でも最後まで飲み干す事が出来ます。
専用のブラシが付属されているので、ストローなどの細部まで綺麗に掃除する事が出来ます。
ストローの色がカラフルなのが、他には無いデザインで可愛いです。
ただし、飲むのに少し力がいるので、吸う力が強い子や慣れて来た子にお勧めです。

まとめ

赤ちゃんの成長はそれぞれですので、一回目からストローを使える子もいれば一歳を越えてもストローを使えない子も居ます。
ですが大人でストローを使えない人はいません。皆いつかはストローの使い方が分かる様になります。

目的は水分を補給する事なので、コップや哺乳瓶など他の物で飲んでくれるなら問題ありません。お出かけや外出の際など、持ち運びに便利なので飲める様になって欲しいとは思いますが、言葉が分からない赤ちゃんに無理に教えるのはお互いストレスが溜まってしまいます。
自然に出来る様になるのを見守るようにしましょう

もしかしたらストローの細さや形や質が気に入らないなどの理由があるのかもしれないので、どうしても飲める様になって欲しければ、ストローマグを変えてみるのも方法だと思います。

 

これからストローマグのデビューをする方や練習中の方のお役に立てると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!
 
~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です