赤ちゃん連れの飛行機-ANAの場合-料金や座席やサービスなど不安を解消!

Pocket

赤ちゃんを連れての初めての飛行機は、不安や心配事が沢山あるかと思います。

航空会社によって決まりやサービスに違いがあるので、まずはそこから決めなければなりませんが、今回は私が実際に搭乗したANAの国内線についてご紹介致します。

まだ一人で座る事が出来ない子にも座席の予約は必要なのか、機内での授乳や調乳はどうしたら良いのか、生後何日から乗っていいのか、当日の実際の流れや空港内と機内のサービスなど、安心して飛行機デビューを果たせる様、詳しくご紹介したいと思います。

これから初めて飛行機デビューをする方や、航空会社を決めるのに悩んでいる方のお役に立てると嬉しいです!

スポンサーリンク


いつから乗れる?

赤ちゃんが飛行機に乗れるのは生後8日からとされています。
その際同伴者一名につき赤ちゃん1人が原則なので、双子の場合や兄弟がいる場合は注意が必要です。

航空券と座席

座席が必要な場合と金額

ANAでは赤ちゃんにも航空券が発行されます。
その際、座席を必要としないお子さんの場合は、同伴者と同じ席番号の物が発行されます。
3歳になるまでは同伴者の膝の上に座って搭乗する事が出来るので、その場合は料金がかかりません。ただし、3歳前の赤ちゃんでもチャイルドシートを利用し、1人で座る場合は小児運賃がかかります
また、3歳からは膝の上に座らせる事が出来ないので、必ず一席を取らなくてはなりません。

チャイルドシート

3歳未満のお子さんで、一人で座席に座るのが難しいという方は、飛行機用のチャイルドシートを持ち込む事が出来ます。

持ち込めるチャイルドシートは定められた安全基準をクリアしている物か、CARESというハーネスの様な商品のどちらかのみです。

こちらの商品は、車で使うチャイルドシートが飛行機でそのまま使える様になっているタイプの物です。
しかし、シート自体の重さが4キロ以上あり、大きさも幅470mm×高さ64mmと、かなり大きいので、荷物が多い旅行中にこちらを持ち込むのは中々大変です。
また、到着先での預け先も確認しておかなければなりません。
ですが、普段車で使い慣れている物なので、赤ちゃんもリラックスして座っていてくれる可能性はあります。

 

そしてCARESというハーネスはこちらです。

こちらは、ベルトなのでかなりコンパクトにまとめられますが、数万円します。使用頻度はそう何度も無いと思うので、かなり大きな買い物になると思います。

チャイルドシートやハーネスを用意するのは大変ですし、赤ちゃん用の座席の小児運賃を支払う必要があるので、大抵の人は抱っこで過ごしているようです。

また、JALではチャイルドシートの無料貸し出しを行っているようなので、どうしても1人で座らせたい場合はJALを利用するのも一つの手段です。

空港で受けられるサービス

  • エアポートサービス

大人一人で、3歳以下の子どもを1人以上同伴する場合に受ける事が出来るサービスです。
チェックインカウンターから搭乗ゲートまで、乗り継ぎがある場合は乗り継ぎカウンターから次に搭乗する飛行機のゲートまで、そして飛行機を降りてから到着ロビーまでの移動や荷物の運びなどを手伝ってくれます。

  • ベビーカーの貸し出し

ベビーカーは手荷物として機内に持ち込む事が出来ないので、スーツケースなどの荷物と一緒に預けますが、そこで引き換えに空港のベビーカーを借りる事が出来ます。
ベビーカーはショッピングモールなどでよく使うタイプの物です。

また、こちらは搭乗口で返却すれば良いのでとても便利です。

POIN サイズによっては機内に持ち込む事が出来るベビーカーもあるので確認して起きましょう。

  • ベビーカーの優先返却

預けたベビーカーは荷物返却の際、優先的に返却してもらえます。
スーツケースなどは通常通りに流れてくるので、早く出られるという訳ではないのですが、ベビーカーだけでも先に返却してもらえると、赤ちゃんを座らせたり手荷物やベビーカーの整理をしたりなどをしておく事が出来るので助かります。

  • 事前改札サービス

2歳以下の子ども連れの家族は優先的に搭乗させて貰えます。
長い列に並ばなくて済むだけではなく、まだ混雑していない機内の中で荷物の整理や体勢を整える事が出来るのでとてもありがたいです。

POIN 早く乗ると離陸までに30分程待ち時間が出来てしまいます。じっとしているのが苦手な子にとっての30分はとても大きいので、お子様の様子を見て早めに乗るか直前に乗るか決めましょう

機内で受けられるサービス

  • 紙オムツの配布

機内には紙オムツが用意されています。
しかしサイズやメーカーには限りがあるので、普段使っている物を手荷物に入れておいた方が安心です。

  • おもちゃや絵本

愚図ってしまった際などに少し気を紛らわせるおもちゃの貸し出しもあります。

  • ウェットティッシュ

お尻拭きが足りなくなってしまった時や、何かをこぼしてしまった時に借りる事が出来ます。

  • ミルク用のお湯と哺乳瓶の洗浄

機内には熱湯が用意されている為、粉ミルクを作ってもらう事が出来ます。
熱湯を冷ますのに時間がかかるので、あらかじめ温度調整用の湯冷ましを持っておくとスムーズです。
また、簡単な消毒もしてもらう事が出来ます。

  • ブランケット

大人にも貸し出してくれるブランケットは、クーラーの風よけや温度調整の際にも役立ちます。

  • 預かりサービス

大人がお手洗いに行く際などに、赤ちゃんが一人になってしまう場合はキャビンアテンダントさんが赤ちゃんを預かってくれます。
機内のトイレには原則二名までしか入れないので、大人一人で2人以上のお子さん連れている方なども手を貸して貰いましょう。

  • おむつ交換

機内のトイレにはおむつ交換の台がついています。
(※一部ついていない機体もあるようです。)
しかし機内は揺れて不安定なので、うんちをした時や漏れてしまった時以外は無理に交換しない方が良いと思います。

  • ベビーベッド(バシネット)

85cm × 45cm × 33cmのベビーベッドが用意されています。
10kgまでの赤ちゃんが利用する事が出来ますが、利用できる座席とベビーベッドの数に限りがあるので、早めに予約を済まさなければなりません。
ベッドの利用には事前の電話予約が必要となります。

手荷物に持っておく物

手荷物は座席の下と頭上の収納棚がありますが、シートベルト着用サインが点灯している時は、荷物を取る事が出来なくなるので、赤ちゃんの荷物は足元に置いておくようにしましょう

  • 紙オムツ(2~3枚)

前述したように機内で貰う事も出来ますが、サイズやメーカーが合わない可能性もあるので、普段使っている物を用意しましょう。

  • お尻拭き

おむつ交換時以外にも、何かをこぼした時やちょっとした汚れを拭く際に役立ちます。

  • 授乳ケープ又は哺乳瓶と粉ミルク

母乳の方は授乳ケープを忘れずに持ち込みましょう
機内には授乳室や目隠しスペースがないので座席で授乳をする事になります。

粉ミルクを持ち込む時はスティックタイプの物がお勧めです。

  • おもちゃやおしゃぶり

機内で愚図ってしまった時などの為に持っておきましょう。
お気に入りの物や新しいおもちゃなど、赤ちゃんが集中出来る物がお勧めです。
おしゃぶりを使うと耳抜きが出来る事があるので、普段おしゃぶりを使っている子は持っておくと重宝します。

  • お菓子やジュース

万が一機内で体調を崩してしまっては大変なので、お菓子は食べた事がある物にしましょう。
ジュースもおしゃぶりや授乳同様に耳抜きの効果がありますのでお勧めです。

  • 着替えとガーゼ

機内でうんちやおしっこが漏れてしまっては他の方に迷惑をかけてしまいます。
着せやすい服をワンセット持っておきましょう。

  • 抱っこ紐

ANAでは、抱っこ紐のまま搭乗する事が可能です。
赤ちゃんを手で抱っこしていると、思わぬ揺れや衝撃でどこかにぶつけてしまったり、落としてしまう危険性があるので、抱っこ紐で抱っこしておくと安心です。

  • 子ども用マスク

機内は乾燥しがちなので、マスクをつけておくと安心です。
また飛行機や空港などの人混みでは、風邪やウイルスに感染しやすいので予防にもなります。嫌がらない様なら赤ちゃん用のマスクをしておく事をお勧めします。

以上の物があればひとまず安心です。
座席下のいつでも取り出せる所にしまっておきましょう。

ポイント

実際に飛行機に乗ってみて、やって良かった事と注意する点をご紹介致します。

出来るだけ機内で眠らせる

離陸の直前に寝て着陸後に起きれば気圧による耳の痛みも無く、大人側も安心して空の旅を楽しむ事が出来ます。
フライトの時間にも寄りますが、出来るだけ機内で眠ってくれるように、寝不足気味か疲れさせて搭乗するようにしましょう。

多くの空港には赤ちゃんスペースがあります。
羽田空港には第一ターミナル、第二ターミナルともに3箇所ずつ、ハイハイ期の赤ちゃんから遊べる赤ちゃんスペースがあります。

 

早めに荷物チェックやチェックインを済ませ、ぎりぎりまで遊ばせてあげましょう。

座席の選び方はその子によって

早めに予約を取ると、座席を選ぶ事が出来ますが、座席の場所によってそれぞれ特徴があるので、その子にあった座席を選びましょう。

  • 窓側の座席

景色を見せる事が出来るので、空や景色が好きな子にはお勧めです。
また、授乳をする必要がある場合は窓際の方が人目につきません。

  • 通路側の座席

人の出入りがある為、物音に敏感な子は起きてしまう可能性があります。
しかし通路の外に出やすいので、あやす為に立ち上がったりオムツ替えをする場合は人に迷惑をかけずに済みます。
寝ないと予想される場合は通路側の方が身動きが取りやすいので安心です。

  • バシネットがある座席


バシネットとは上記で紹介したベビーベッドの事です。
通常バシネットが使えるのはスクリーン前の座席が多いですが、機体によって違うので確認をしておきましょう。

ただしスクリーン前の席は、手荷物を座席下にしまう事が出来ず、棚の上に収納するしかないというのが欠点です。

  • 飛行機の後部

赤ちゃん連れには飛行機の後方がお勧めです。

前方はビジネスクラスやファーストクラスがあり、乗り降りにも便利なので人気の席です。
繁忙期は関係なくどの席も満席になりますが、空いている時は後部座席が余っている事が多いです。
搭乗する時は優先して乗せて貰えるので後ろの方でも困りませんし、降りる際は焦る必要がないので最後にゆっくり降りる事が出来ます。

また、後部にはキャビンアテンダントさんが居てくれるので、何かと安心です。
お手洗いも近いので、赤ちゃん連れの方は後部座席を取る事が多いです。

POINT

空席が多いと予想される日は、事前に問い合わせる事によって隣の席を空席にキープする事が出来る事があります。
例えば夫婦2人と赤ちゃん1人の場合、必要なのは2席ですが3列シートの2席を予約し、残りの一席を空席にするという事です。そうする事により、寝ている場合は窓側で静かに過ごし、愚図ってしまってもすぐに立ち上がる事が出来ます。
何より隣の方に迷惑をかけてしまう心配がなくなるので、かなり気持ちが楽になると思います。
満席の時はもちろん不可能ですが、空席が多い場合は要望を受け入れてくれる可能性が高いようなので試してみると良いと思います。

また、機体ごとのシート内のマップは公式サイトで見る事が出来ます。
ANA 国内線 機種シートマップ
ANA 国際線 機種シートマップ

別の航空会社でも確認可能だと思うので、試してみると良いでしょう。

耳抜きについて

飛行機に乗る際の大きな不安の一つが気圧の変化による耳の痛みです、大人の様に唾を飲み込む、あくびをするなどは赤ちゃんには出来ません。

赤ちゃんにしてあげられる事は、授乳かミルクかお菓子をあげる事です。
大人は耳が詰まった後に耳抜きをしますが、赤ちゃんの場合詰まってしまった頃には大騒ぎになってしまうので、耳が詰まるのを防ぐという事が大事です。

飛行機は離陸と着陸の際に気圧が大きく変化しますので、丁度離着陸の際に授乳が出来る様にするのがベストだと思います。

また、赤ちゃん用の耳栓もあるので、そちらを使ってみるのも良いでしょう。

服装

機内の温度は座席や空調によって異なるので、調整がしやすいように重ね着をしておきましょう。
暑い又は寒いというのも赤ちゃんにとっては大きなストレスの一つになり、愚図りの原因になりますので、注意しましょう。

実際の体験談

実際に私の体験談をご紹介したいと思います。

行きのケースは以下の通りでした。

・年末年始の帰省ピーク日
・AM8:30~AM10:30の約2時間のフライト
・東京羽田空港から九州まで
・夫婦2人と9ヶ月の赤ちゃん1人
・第2ターミナル発

という、混雑真っ只中の中での搭乗でした。

空港に着いたのが6:30頃でしたので、出発まで2時間程。
大人だけなら早すぎるくらいの時間に着きました。

~チェックイン~
優先案内があったようですが、そこまで混んでいなかったので一般の方と同じ様にチェックインを済ませました。

    ↓

~荷物を預ける~

ベビーカーとスーツケースを預けました。
ベビーカーは専用の袋を用意して貰えるのでそちらに入れて預けます。
ANAは無料でベビーカーを預かってくれます。
そしてこの場で引き換えに空港のベビーカーを借りる事が出来ました。

    ↓

~手荷物検査~

この時も一般の列に並んでいたのですが、係の方が気付いて下さり優先して案内してくれました。
急いでいなかったので普通に並んでいたのですが、心遣いが嬉しかったです。

    ↓

~オムツ替え~

無事にやる事は全て済んだので、後はフライトの時間まで自由となりました。この時点で到着から一時間程経過した7:30頃でした。

オムツ替えスペースは出発ロビーの2階だけでも9箇所あり、1階から4階まで合わせると計18箇所あります。
第一ターミナルにも全部で15箇所あります。

どこの搭乗口からもそう遠く無い距離にオムツ替えスペースがあるので助かります。またオムツ替えスペースではオムツを捨てる事もでき、調乳用のお湯も用意されています。

    ↓

~キッズスペースで遊び~

キッズスペースは第一ターミナル、第二ターミナルともに三か所ずつ用意されています。
靴を脱いで遊べるので、ハイハイ期の赤ちゃんでも体を動かす事が出来ます

我が子は掴まり立ちや伝い歩きをする時期だったので、このスペースがとても助かりました。なるべく疲れるように沢山遊び、フライトの15分前ごろに搭乗ゲートに行きました。

ちなみに私が利用したキッズスペースはこちらです。

    ↓

~いざ搭乗~

この時点で息子はかなり眠そうにしていたので優先搭乗をさせて頂き、まだ殆ど誰も乗っていない機内で早々と授乳を始めました。
するとすんなり寝てくれたので、抱っこ紐に付替えて窓際に息子を抱っこした私が座り、夫が真ん中、通路側には相席のお客様という並びになりました。

そして息子はこのまま着陸まで一度も起きずに目的地に辿り着く事が出来ました。

    ↓

~荷物の受取~

あとはベルトコンベアで預けた荷物を受け取るのみですが、ベビーカーは優先返却なので最初に流れて来るので良く見ておきましょう。
そして、他にも預けていたスーツケースも無事受取り、息子の初飛行機は完了しました。

まとめ

今回は初めての飛行機なうえに、年末年始の帰省ラッシュと重なる為、とても緊張していました。しかしタイミングが良かった様で行きも帰りも飛行機内ではずっと眠っていてくれたので、心配した耳の痛みや愚図りなどの問題もなく無事に搭乗する事が出来ました。

LCCの航空会社も検討しましたが、LCCでは赤ちゃんでも席を一席使う事が定められていたり(赤ちゃん用の料金がかかります)、ベビーカーを預けるのが有料だったり、座席の指定をするのが有料だったりと何だかんだで加算されて行く事もあり、今回は大手航空会社のANAさんのお世話になりました。

参考以前LCCを利用した際には、早めに到着して手荷物検査を並んでいたにも関わらず、搭乗時間が迫っている方をどんどん先に回すので、結局早く並んでいた私たちが荷物を持って空港内を走り回り、ギリギリになるというアクシデントもありました。
こちらも時間が迫って来ているという事を伝えても、どんどん抜かされ続けました。
もし間に合わなかったらどうなるのかと尋ねると、責任者に確認しなければ分かりませんがとりあえず並んでいて下さいの一点張りで、とても腹が立ちました。結局間に合いましたが赤ちゃん連れだったら、あんなに走れないので完全に乗り遅れていたと思います。

結果、機内でも声を掛けてくださったり、別のお子さんが泣いてしまっていた際にも優しく親切に対応していた姿を見て、やはりANAにして良かったなと感じました。

これから赤ちゃん連れの飛行機に挑戦する方の参考になれると嬉しいです!
ここまで読んで下さってありがとうございました。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です