\お風呂で立ちたがる赤ちゃんの待たせ方/便利グッズとコツもご紹介!

Pocket

 

ワンオペ育児での赤ちゃんとのお風呂は一仕事。
まだ小さいうちはバスチェアーに座らせたり、沐浴の様に入れて自分は後で入る事も出来ますが、立ち上がったりハイハイを始めるとお風呂場でもじっとしていてはくれません。
お風呂は滑りやすいし、1人で入れるのはとても大変です。

今回は掴まり立ちやハイハイを始めた赤ちゃんとの入浴の方法とお勧めのグッズを紹介して行きたいと思います。
1人で赤ちゃんをお風呂に入れて居る方は是非読んでみて下さい!

スポンサーリンク


待たせる場所

まず大きな問題が大人が髪や身体を洗っている間、赤ちゃんにどのようにして待っていて貰うかです。

脱衣所や部屋で待たせる

まだずり這いやねんね期の頃は、寝ている時などを狙って自分だけ先に体や髪を洗ってしまうのも良いでしょう。

しかし、いくらまだあまり動かないとは言っても、何があるか分からないので、なるべく急いで済ませ、泣き声や異変に気が付ける様にお風呂の扉を開けておくなどして対策をしましょう。

そして、自分が洗い終わったらバスローブなどさっと羽織れる物で水気を抑え、赤ちゃんを迎えに行きます。

  • 赤ちゃんの服はあらかじめさっと脱がせやすいようにしておき、タオルやブランケットで防寒してあげるとスムーズです。

そして赤ちゃんの体を洗い一緒に湯船に浸かります。

お母さんの姿が見えなくなると不安になってしまうという子は、脱衣所にバウンサーやバンボなどを置き、そこで待っていて貰っても良いでしょう。
ただし脱衣所に空調設備が無い場合は、十分に注意しましょう。

お風呂場で待たせる

浴室内に一緒に入り、待っていて貰う場合は、赤ちゃんが居られるスペ―スが必要です。

 

  • 専用椅子で待たせる

【バスチェアー】

一番定番なのはバスチェアータイプです。
ほぼフラットまでリクライニングが可能なので、生後2ヶ月の首座り前から寝かせて使う事が出来ます
湯船に浸からなくても良いという場合は浴槽に入れて使っても良いでしょう。
大人しくねんねしてくれている子や、お風呂場が広い方にお勧めです。

 

【ふかふかバスチェアー】

こちらもバスチェアーですが、空気で膨らますタイプです。
バンボより一回り程大きいので、お風呂場に置くにはかなりスペースを取ります。
腰座り前でも座らせる事が出来ますが、立ち上がれる様になると脱出してしまう可能性もあります
ポンプが付属されているので2分ほどで膨らます事が出来て、水気をふき取れば室内でもチェアーとして使えるので、帰省時や外泊の際にも役立ちます

 

【マカロンバス】

赤ちゃん用のバスタブです。
何と言っても水を5Lしか使わないので、節水節約にもなります。
赤ちゃんがマカロンバスに浸かっている間に、自分の髪や体を洗う事が出来ます。
ただし、マカロンバス内で立ち上がれる様になると、そのまま転倒してしまう危険性があるので注意が必要です。
夏場は水遊びをして遊ぶ事も出来ます。

 

  • 湯船の中で待たせる

浴槽に、赤ちゃんがお座りして遊べる程度のお湯を張り、湯船の中で待って貰うという方法もあります。
しかし浴槽内で立ち上がろうとすると、大変危険なので対策をしましょう。

【バスマット】

浴槽の床に吸盤で張り付けるバスマットです。
浴槽内で立ったり歩こうとしても、滑りにくくなります
ただし浴槽が凹凸加工・石・タイルなど表面が滑らかでない場合は、使用する事が出来ないので確認をしておきましょう。

 

【スイマーバ】

赤ちゃんの首につける浮き輪です。
遊んでいる間は大人の両手が空くのでとても便利です。

バタバタ足を動かしたり泳ぐ事が出来るので、遊び疲れて夜はぐっすり寝てくれるという効果もあります。
しかし激しく体を動かす様になると、そのままクルンとひっくり返ってしまう可能性があるので、絶対に目を離さない様にしましょう。

 

【浴槽用ベビーバス】

浴槽内に固定できるバンボの用な形のチェアーです。
左右と後ろの3点をつっぱり棒の様な原理で調整しながら固定出来ます。
赤ちゃんのお腹のあたりまでお湯を張れば湯冷えする事もなく、また洗い場が狭い家庭でも、場所を取らずに赤ちゃんとお風呂に入る事が出来るとても便利な商品です。

 

  • 洗い場で待たせる

「チェアーを置くスペースが無く、浴槽内では転びそうで危ない」と言う方はマットでお座りをして遊んで貰うのが一番安全で効率的です。

後ろから抱え混むように抱っこし、赤ちゃんの前にお湯を張った洗面器やおもちゃなどを置いておき1人で遊んで待っていて貰います。

赤ちゃんが立ち上がろうとした時に自分の手が石鹸や泡などで塞がっていても足でグッと抑える事が出来るので、立ちたがる子や好奇心旺盛な子にお勧めの方法です。

 

【お風呂マット】

お風呂マットはカビなどの衛生面が気になるので、私は安い物を購入し、頻繁に買い替えています。
防カビの物などもあるのでそちらも良いかもしれません。

赤ちゃんの気を引くおもちゃ

どこで待たせるにしても、少しでも何かに集中して時間稼ぎが出来る様に、お風呂専用のおもちゃを用意しておきましょう。

【バスボール】

ボールの中に音の鳴るガラガラが入っています。
そしてボールを持ち上げるとシャワーの様に水が出てくるので、お風呂でしか出来ない遊びが出来ます。

 

【海の生き物おもちゃ8個セット】

水を入れて本体を押すとピューッと水が出てくるおもちゃです。
100円ショップにもアヒルなどが売っているのですが、息子はそれをとても気に入りずっと手放さなかったので、こちらも購入してみたところ、とても気に入った様でこれを渡すと大人しく待っていてくれます。

カラフルな色で8種類あるので飽きずに遊ぶ事が出来ます。
このタイプのおもちゃが好きな子にはとてもお勧めです。
息子はかれこれ3ヶ月程飽きずに遊んで居ます。

 

【おもちゃ収納ハンモック】

お風呂のおもちゃは水に濡れる為、きちんと乾かなさないとカビなどの原因になります。毎日乾かせる様に、ハンモックタイプやカゴの物で収納しておきましょう。
こちらは大きさも30×45cmと大きめで、吸盤が大きくてしっかりしているので落下の心配も無く使いやすいです。

便利グッズ

お風呂は毎日の事ですし、少しでもスムーズに入れてストレスを減らせる様に、便利グッズを活用して行きましょう。

お風呂の中で

【シャワーフック】

赤ちゃんとのお風呂は、床に近い位置で体や髪を洗うので、通常のシャワーフックの位置では高すぎて、手を伸ばしても届かないという事があります。
仕方なく床にシャワーを置いておくと、何かの拍子に向きが変わって赤ちゃんや自分にぶつかりそうになったり…という問題を解決してくれる商品です。

こちらのシャワーフックを手の届き易い位置に設置すると、座ったままでもシャワーを取る事が出来ます。また、赤ちゃんの体にかかる様に設置すれば、自分が体や髪を洗って居る間に掛け湯をする必要がなくなるので、とても便利です。

 

【目に水がかかりにくい片手桶】

クジラの形をした片手で使える桶です。
頭に当たる部分がゴムで出来ているので、ピタッと抑えても痛く無く、シャワーで流すより断然目や顔に水がかかりずらいです。
使わない時はしっぽを下にすると自立して立つので、ちょっとしたスペースに置いておく事が出来ます。
シャンプーを流すのには苦労していたので、こちらの商品はとても助かりました。

 

【ガーくん湯温計】

お湯の温度をデジタルで教えてくれるアヒル型の湯温計です。
特に冬場などはお湯の温度が変わりやすいので非常に重宝しました。
温度が39度以上になるとHOT、32度以下になるとCOLDと表示されるので、適温に調整しやすいです。
また見た目にとても可愛くて、プカプカ浮くのでおもちゃとしても使えてとても便利です。 

お風呂上がりに

【赤ちゃん用バスローブ】

お風呂上がりに濡れた体をさっと包めるバスローブはワンオペ育児の必須アイテムだと思います。
まず一番に赤ちゃんをバスローブで包んでしまえば、自分の体を拭いたり赤ちゃんの着替えの準備が出来るので、本当にお勧めです。
こちらの商品はぞうや羊、ユニコーンなど9種類の動物のモチーフで出来ていてとても可愛いです。更に、名前の刺繍入れやのし袋も無料で付けてくれるので、プレゼントにしてもとても喜ばれると思います。

 

【大人用バスローブ】

大人のバスローブもとっても便利です。
自分が濡れたまま赤ちゃんのお世話をしていると、寒いだけではなく家中が濡れてしまうので、パッと羽織れるバスローブは大変重宝しています。
バスタオルの様にずり落ちたりするストレスが無くなったので、購入して本当に良かったと思います。

便利なだけではなく着心地も良く、大きめのポケットに小物やスマホを入れる事が出来て、機能性も抜群です。
子育て前は着る事の無かったバスローブですが、とても気持ち良くて快適なので子育てが終わっても愛用する事になりそうです。

まとめ

どの方法を取っても、どんな便利グッズを使っても赤ちゃんを1人でお風呂に入れるのはとても大変で、『ゆっくりバスタイム』などとは到底無縁です。
赤ちゃんが優先で自分は常に後回し、寒くても肌が乾燥しても赤ちゃんのお世話が第一なのでとても大変ですが、そんな生活も一生続く訳ではありません。
毎日大変ですが、こんな日々も貴重なんだと自分に言い聞かせて、頑張りましょう!

赤ちゃんとのお風呂で困って居る方のお役に立てると嬉しいです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です