府中免許更新場に赤ちゃん連れで行きました!≪授乳室や講習中の様子など≫

Pocket

赤ちゃんと一緒のお出かけは、どこで何もするにも2倍、いや3倍は体力と神経を使いますよね。
特に銀行や市役所など公共の施設に行く時は前日からドキドキしたりしませんか?

でもどうしても済ませなくてはならない用事もあります。
そんな用事の一つに運転免許の更新があると思います。
赤ちゃんを見てくれる人が居れば良いのですが、どうしても連れて行かなければならない場合もあると思います。

 

私は生後五か月の赤ちゃんを連れて一人で府中運転免許試験場に行ってきました。

電車乗り換え1回約1時間、バス30分、初回講習なので講習時間は2時間
というなかなかハードなプランでしたが、行くしかないので行って来ました。

免許の更新に赤ちゃんを連れていくか迷っている方、どうしても連れて行かなければならない方のお役に立てれば幸いです!

スポンサーリンク


府中免許更新センターの行き方

 

赤ちゃんを連れたお出かけの場合、まず気にするのが場所ですね。
免許更新の場所は基本的に駅から離れているので、駅からはバスで行く場合が多いかと思います。

府中免許更新場の場合は、
・JR武蔵小金井駅からバスで約10分
・JR三鷹駅からバスで約30分
・京王線調布駅からバスで約30分
・京王線多磨霊園駅からバスで約15分

の4つの方法があります。

 

【※各駅から試験場正門までの詳細】

乗車時間 平日
(一時間に来る本数)
休日
(一時間に来る本数)
運賃
JR武蔵小金井駅 約10分 5~6本 4~5本 220円
JR三鷹駅 約30分 2本 1~2本 230円
京王線調布駅 約30分 4本 2~3本 230円
京王線多磨霊園駅 約15分 2~3本 3本 220円

いずれも「試験場正門」というバス停で降ろしてくれるので試験場の目の前まで行く事が出来ます。(試験場と更新場は同じです)

 

しかし、ここで第一の難関です!!!
私は調布駅からバスに乗ったのですが、降ろされたのは試験場の反対側の道路でした。
バス停のすぐ目の前に歩道橋があるのですが、階段しかないタイプの歩道橋です。
大人一人だと何て事ないのですが、赤ちゃん連れの階段は天敵ですよね。

バスに乗る際にベビーカーは畳み、抱っこ紐で抱っこをしていたのですが、「結構重くてかさばる荷物」、「ベビーカー」そして「抱っこ紐で抱っこしている赤ちゃん」の3つを抱えて、階段を登るのは危ないし大変です。

歩けばどこかに横断歩道があったのかもしれませんが、近くには見当たりませんでした。

 

どうしようかなと困っていると通りかかりのお姉さんが声を掛けて下さり、なんとベビーカーを運んで下さいました…(;_;)
一緒に歩道橋を渡って下さったお姉さまのお陰で事なきを得たのですが、誰もいなければなんとか自力で歩道橋を登り降りするしかないと思います。

本当に感謝の気持ちでいっぱいになりましたし、私もこれから人に親切にしようと思いました。
ちなみに、帰りは反対車線(試験場正門側)からの乗車だったので、問題ありませんでした!

1日の流れ

受付からの手続き

ここまでの電車とバスでかなり疲れてしまいましたが、本番はここからです。

入ってすぐにある受付を済ませると、次々と流れ作業で支払いや適性検査を済ませます。
私は平日の10:40頃に会場に着き、以下のような流れでした。

【受付】 自宅に届いたハガキと免許証などを提示 2分
【支払い】 受付で貰った紙を記入し、更新料の支払い 5分
【視力検査】どの種類の更新の方も受けるので少し並びます 20分
【暗証番号の設定】後に必要となる暗証番号を機械で設定します 3分
【証明写真の撮影】いくつかブースがあったのですぐです 5分

以上30分程度で全て済みました。
この日はかなり空いていたようですが、土日や混雑している日に行くと受付だけで30分ほど待つ事もあるそうです。

この一連の流れの際は全てベビーカーで過ごしました。
混雑していなかったのでベビーカーでも大丈夫でしたが、混雑している場合はベビーカーで人の波をくぐり抜け行動するのは大変だなと思いました。

授乳スペースとオムツ替え

講習が始まるのが12:10だったのですが、この時点で11:20頃でした。
11:50過ぎには講習の部屋に来て下さいとの事だったので、待機時間は30分しかありませんでした。

ですが、私は初回の講習の為講習時間が2時間です。
何が何でも授乳しておかなければならなかったので、授乳室に向かいました。

 

授乳室は、証明写真を撮影した場所のすぐそばにあり自由に使用できます。

このように遊べるスペースがあり、その奥が授乳室になっています。

 

遊べるスペースはこんな感じです。

靴は脱ぐ事になっているのですが、あまり綺麗ではないタイル張りの床でしたので、座らせたりするのは個人的に少し抵抗がある感じでした。

 

絵本やビデオがあり、自由に再生できるようになっています。

 

そしてカーテンの奥にある授乳室は結構広めです。

 

オムツ替えスペースもあります。

※オムツのごみ箱はありませんので各自で持ち帰りましょう。

 

私が行った日は誰も居ませんでした。
オムツ替えスペースは他にもあるのですが、授乳室はここしかないので誰かと被ってしまった場合は困るなと思いました。
皆時間で動いているので、限られた時間しかないですもんね。

ちなみに、お湯などの調乳の設備はありません

 

授乳が3時間間隔で2時間の講習を受ける方は、手続きを終えた後から講習までのこの時間に飲ませるしかありません
なるべくこの時間までは授乳をせずにお腹を空かせておき、沢山飲んで貰うと2時間の講習中も少しは安心する事が出来ます。
着いてすぐに飲みたそうにしていても、講習が始まる直前のこのタイミングまで粘る事をお勧めします。

 

そして無事授乳を済ませて講習が行われる4階に向かいます。

施設内は上りのエスカレーターと階段しか無いのですが、ベビーカーや車いすの方用にエレベーターを使用させて頂けます。

 

いざ講習開始、ドキドキの2時間

そして10分ほど時間を余らせたので、抱っこ紐で施設内を歩き眠気を促しました。
電車内やバス内では寝かさないようにしていたので、抱っこ紐のまま寝てくれました。

ちなみに講習を受ける部屋の前にもオムツ替えスペースがありました。

講習を受ける際はあらかじめ席が決まっているのですが、私は一番出入り口に近い後ろの席でした。
何か申し出た訳では無いのですが、職員さんが気を使ってくれたのだと思います。

また、私が行った日は空席が30席程あり後ろの空いている所にベビーカーを置かせて貰いました。
(このくらい空いている日は珍しいそうです。)

受付で、「あまりにも泣いてしまったり退席の時間が長い場合は、講習を受けたと見なせずに受講しなおしになる」という注意を受けました。
当然それは仕方の無い事ですし、とても優しく注意をしてくれたのでなんだかほっとしました。

 

そして、いざ講習開始です。
水分補給とお手洗いなどの退出はOKとの事で、退出厳禁という訳ではないようでした。実際退出する方は一人もいませんでしたが。

 

ドキドキしながら講習が始まり1時間お話しを聞くと15分弱の休憩がありました。
息子はすやすや眠っていたので休憩中もそのまま席についていました。

そして後半の講習を受けました。

 

我が息子、一度も起きずにフルで寝ていました。

 

とても助かりましたが、参考にならなくて申し訳ありません(;_;)
ちなみに私が受けた講習は、他に赤ちゃん連れの方はいらっしゃいませんでした。

免許証受取まで

講習が終わると講習終了のスタンプを貰い、いよいよ免許を受取りに行きます。
無事にスタンプを貰えて本当にホッとしました。

免許証を受け取るのは2階だったので、ベビーカーを持ち職員さんに再度エレベーターまで連れて行ってもらいます。

※皆さん講習が終わる頃から立ち上がり我先に外に出ようとしますが、免許証を受け取る際には全員揃うのを待ちますし、受け取る順番は受付番号順ですので、先に出ても意味はありません。

 

免許証を受け取る部屋に着き、番号を呼ばれるのを待ちました。
私はかなり早い番号だったので、3分くらいで呼ばれ免許証を受取ました。

そして一番初めに登録した暗証番号を使い、ATMのような機械で本籍地を確認し、全て終了です。

一日を終えての感想

往復3時間の道中と2時間の講習と合間にある手続きなどなど・・・。
私はドアTOドアで約7時間かかったのですが、かなりキツかったです。

電車やバス、免許更新場と全て公共の施設なのでかなり気を使いますし、
・いつ授乳すればいいのか、
・今寝てしまったらどうなるのか、
・ここはベビーカーと抱っこ紐どちらの方が良いのか…

常にドキドキしながら一日を過ごしました

 

私の場合講習中にずっと寝てくれていたので無事に免許証を受け取る事が出来ました。
ですが、もしタイミング悪く講習中に泣いてしまっていたらまた受けなおしです。

免許更新は期間が決まっていますし、どうしても自分で行かなければならないのですが、赤ちゃん連れで一人で更新に行くのはお勧めしません
(30分講習ならいけるかも!)

また、空いていたというのもかなり大きなポイントでした。
混雑している土日等に行った場合は、待ち時間だけで1時間以上加算されると思いますし、人が多いと赤ちゃんもお母さんも疲労倍増です。

私的お勧めの方法

しかし必ず行かなくてはいけないものなので、もし誰かの手を借りる事が出来るなら、付き添いの方と車で行き、手続きや講習中は車の中やドライブに行くなどをして過ごして貰うという方法をお勧めします。

預かって貰うにしても半日も離れるのは不安だったり、おっぱいが張ってしまうという問題もあるかと思います。

ですが一緒に行ってしまえば空き時間を狙い車で授乳も出来ますし、ぐずってしまう様でしたら手続き中も一緒に居て、お母さんと離れるのは講習中だけと言う様にも出来ます。
そして講習中は、安心して講習を受けられます.

駐車場はかなり混雑するようなので、早めに行かなくてはなりません。
また、車が無い場合でも付き添いの方がいてくれると安心です。

 

そして、府中免許更新場は混雑情報を確認することが出来るので、なるべく空いている日に行く事をお勧めします。
また講習の時間も確認できるのですが、こちらは狙い通りの講習は受けられないと思います。
受付での待ち時間も、その後の手続きも何分かかるか分かりませんし定員になってしまったら次の次の講習になるので…。

 

まとめ

私の場合は会場までの距離も遠く、講習時間も2時間だったので一人で行くのはかなり大変でした。
ですが、更新場が近かったり受ける講習が30分程度でしたら行けない事も無いと思います。

繰り返しになりますが、私の場合は息子が講習中ずっと寝てくれていた事や、混雑していなかったので待ち時間があまりなかった事、歩道橋で助けてくれる方に出会えた事、など色々なラッキーが重なり無事に免許証を受け取る事が出来ましたが、反対に全てタイミング悪く進んでしまうと、出直す事になった可能性も十分にあるなと思いました。

 

また鮫洲運転免許試験場では、子連れで講習を受けられる「母子スペース」があります。
講習室内の一角がガラス張りの個室になっていて、その中で講習を受ける事が可能だそうです。
東京23区内にお住まいの方はこちらを検討してみるのも良いかもしれません。

 

身一つなら何てことのなかった行動も、赤ちゃんを連れていると大変な大仕事に変わる事もあります。
頼れる所は頼りつつ、やらなければならない事をこなしていきましょう!

これから免許更新に行かれる方や、不安を抱えている方のお役に立てれば幸いです。
ここまで読んで下さってありがとうございました!

 

ハテブ参加中です。
ハテブボタン押して頂けると、とても嬉しいです(^^)
 
~ラインスタンプ期間限定8個1000円でお作り致します!!!~

詳細はこちらから
 

 


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です