\出産準備で最低限必要な物リスト/本当に必要な物だけ欲しい人必見!

Pocket

赤ちゃんを迎える時は、母子共に沢山の物を準備しなければなりません。
雑誌やネットであげられている出産準備品の中には、実際には必要ない物や無くても大丈夫な物も沢山あげられています。
このページでは絶対に必要なので入院前に揃えておく物必要に応じて退院後に購入すれば良い物を項目に分けてご紹介して行きます。

「必要な物だけを揃えたいけど、何が本当に必要なのかが分からない!」という方に読んで頂きたい記事です。

スポンサーリンク


お母さんに必要な物

女性の体は出産を終えた後、すぐに妊娠前の体に戻る訳ではありません。
赤ちゃんの大きさまで膨らんだ子宮が、元の大きさに戻るまで約6~8週間かかると言われています。それに伴い悪露が出る後陣痛が来る会陰切開や帝王切開の傷口が痛むなど様々な症状が出ます。
体の変化に合わせた下着や必要な物がありますのでを用意をしましょう。

絶対に必要な物

  • 授乳用のブラジャー 2~3枚
  • 産褥パッド
  • 母乳パッド

ブラジャーは毎日洗濯するので最低3枚は必要です。
妊娠してから授乳期間にかけて、普段より2カップ程バストアップする事が多いので買い替えが必要になります。また普段使っているようなワイヤー入りのブラジャーだと締め付けが強い為、母乳の出が悪くなってしまう事もあるので、授乳用のブラジャーをつけましょう。

母乳パッドは必要無い人もいますが、いざ使いたい時は買いに行くのも待てない程すぐに使いたい物なので一袋だけ用意し足りなければ購入すれば良いでしょう。
また産後の悪露は生理とは比にならない量の出血をします。多い日用のナプキンでも足りないので産褥パッドは絶対に必要です。産褥パッドは売っていない薬局もあるので必ず退院前に用意しておきましょう。20枚ほどあると安心です。

母乳パッドと産褥パッドは病院で支給される事もあるので確認しておきましょう。

必要だったら買う物

  • 産褥ショーツ

産褥ショーツはクロッチ部分が開閉する作りになっているので、寝たままの姿勢で入院中の内診を受けたり産褥パッドの交換が出来るという物です。
病院で指定があれば必要ですが、生理用の下着でも代用可能ですので病院に確認をしておきましょう。

使わない可能性が高い物

  • 授乳服

授乳がしやすいように胸の部分が開くようになっている洋服ですが、私は一着も購入しませんでした。洋服の下にハーフトップを着用しておき、授乳したい時に上に着ている洋服をめくり上げハーフトップを下げ乳房を出せば、お腹を隠したまま授乳が出来ます。家で過ごす時は前開きの服がお勧めです。

赤ちゃんに必要な物

赤ちゃんグッズは見ているだけでとても可愛いのでアレもコレもと欲しくなってしまいますが、産んでしまえば小物や洋服なんて目に入らない程に可愛い赤ちゃんを抱っこする事が出来ます。グッとこらえて必要最低限の物を購入しましょう。

分かりやすい様にジャンルごとに必要な物をご紹介していきます。

絶対に必要な物

【衣類】

  • 肌着
  • 肌着の上に着る洋服
  • ガーゼ

肌着や洋服は生まれる時期によって用意する物が異なります。
「短肌着」や「カバーオール」など聞きなれない物は、何を購入すれば良いのか分からないと思いますので、洋服の種類やサイズについてはこちらを参考にして下さい。

ガーゼはよだれや吐き戻しを拭くのに頻繁に使いますが、すぐに乾くので5~6枚セットの物がお勧めです。ですが、どこかに無くしてしまいがちなので沢山あっても困りません。枚数が増えるとお得な場合はそちらを購入すると良いでしょう。

【お風呂】

  • ベビーバス
  • ベビーソープ
  • 沐浴用ガーゼ

生後一カ月間は大人と一緒の湯船につかる事は出来ないので、赤ちゃん用にお湯を張れる物が必要です。使用期間は一カ月なので1,000円程度での安い物がお勧めです。
たらいや収納ケースで代用する方も居るようですが、いずれにしろ赤ちゃんが使える衛生的な何かを用意しましょう。

【ミルク・授乳】

  • 哺乳瓶
  • 哺乳瓶用の洗剤、スポン
  • 粉ミルク
  • 授乳ケープ

母乳育児にしようとしている方は哺乳瓶を1本、粉ミルクを一箱で良いと思います。母乳は生まれてみないと出るか分かりませんが、ドラッグストアなどですぐに手に入るので最低限の物だけ揃えておきましょう。
授乳ケープはすぐには使いませんが、お出かけが出来るようになると必須アイテムになるので先に揃えておいても良いと思います。

私は初めから完全母乳だった為、たまにしか粉ミルクを飲ませなかったので一袋の半分くらいの時点で固まってしまいました。

注意粉ミルクは密閉していても時間が経つと湿気って石の様に固まってしまいます。

【その他】

赤ちゃんはメーカーによってオムツやお尻拭きでかぶれてしまう事があります。なので使うメーカーが安定するまではまとめ買いをしないようにしましょう
個人的にオムツはムーニーお尻拭きはピジョンがお勧めです。
洗濯洗剤もほんの少量ずつしか使わないうちに大人と同じ洗剤を使うようになるので、一本買っておけば十分足りると思います。
爪切りハサミ、綿棒は100円ショップの物がお勧めです。

オムツ、抱っこ紐、布団についてはお勧め品や選ぶポイントを書いた記事をリンクしているので、悩んでいる方は見てみて下さい。

必要だったら買う物

  • 哺乳瓶消毒グッズ
  • 授乳クッション
  • スリーパー
  • おむつ替えシート
  • 鼻吸い器
  • 体温計
  • ベビーカー
  • チャイルドシート

これらの物は家で赤ちゃんと過ごしてみて、必要そうだったら購入すれば良いと思います。上記の物の中で私が持っているのは哺乳瓶消毒グッズ、ベビーカー、チャイルドシートのみです。

ベビーカーとチャイルドシートは必須アイテムに感じますが、ショッピングセンターや子どもの遊び場にはレンタルの物が置いてある事が多いので、最近では購入しないという方も多いそうです。
歩くようになればベビーカーより簡易的で安価なバギーに乗り換える方が多いので、「確かに無くてもあまり困らないのかも」とも思いました。
私はお散歩が好きで良く活用したので買って良かったと思いますが、必須アイテムではないようです。

ベビーカーについても詳細記事を参考にしてみてください。
チャイルドシートは車を所有していない方はもちろん必要ありません。

使わない可能性が高い物

  • おもちゃ
  • 母乳フリーザーパック
  • 搾乳機

「退院した日から使えるおもちゃ」などが販売されていますが、新生児期は物を持つ事が出来ませんし、おもちゃでは遊びません。音を鳴らしたい時にはビニール袋など家にある物で十分代用できます。自分で遊べるようになってからのおもちゃを買ってあげた方が良いと思います。
また、私は完全母乳ですがフリーザーパックと搾乳機は使いませんでした。
ドラッグストアでも手に入るので必要そうな場合に購入するようにしましょう。

まとめ

第一子の場合は何もない所から揃えるので色々な物を購入しなければなりません。
赤ちゃんグッズは見ているだけで楽しいですし、妊娠期間中の楽しみの一つでもありますが、必要無い物を購入してしまいがちです。
大抵の物はドラッグストアやネットですぐに手に入るので、必要最低限の物を用意したい方はこの記事で紹介した物だけ揃える事をお勧めします!
ただし、産後直後は気軽に買物に出る事が出来ないので、頼る人がいない場合や離島に住んでいてネットで購入しても配送に時間がかかるという場合は、少し多めに買っておいた方が安心です。

出産準備は大変ですが妊娠中のストレス発散にもなる大切なひと時です。実際に購入しなくても、雑誌やネットでグッズを見るだけでリフレッシュ出来る場合もあるので、楽しんで出産準備をしていきましょう!
赤ちゃんとの生活の準備をしている方のお役に立てると嬉しいです。

ここまで読んでくださってありがとうございました!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です